上級

霊感

投稿日:

Aは否定してるが実は霊が見える事を俺は知っている。

この前一緒に駅前を歩いていたら、反対側の踏切の前に老婆を背負ってる男がいた。

じっと俺たちを見ている。

踏切を渡ろうとした時、Aがぽつりとこう言った。

「無視しろ。こいつは悪霊だ。」

男は頷いた。

[amazonjs asin=”B01J3ZUUDE” locale=”JP” title=”北野誠のおまえら行くな。心霊レジェンドお宅訪問SP DVD”]

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

息子の妙な癖

俺の息子は、時々、(写真でも、画像でも)人の顔をじっと指さすという、妙な癖があった。 指をさされた人物が必ず3日以内に死ぬ、と言うことを知ったのは、つい最近のことだ。 今日も、テレビをつけようとしたと …

アパートのドア

俺が住んでいるアパートのドアは立て付けが悪い。 バネの部分が壊れ、音もなく閉まる。 ある日の0時過ぎ、俺はそろそろ寝ようと思い、 電気を消し、布団の中に潜った。 俺はあまり寝付きが良い方ではなく、 布 …

一家惨殺事件

ある地区で一家惨殺事件が起こった その家に住む両親とその息子が殺害されたようだ 妹(9)はちょうど出かけていてその悪の毒牙からは逃れれたらしい 警察が遺体を調べると父親がダイイングメッセージを残してい …

落ちる駅

終電車の中で眠ってしまい目を覚ますと、 見知らぬ女性が俺の肩に頭を乗せてもたれかかるように眠っていた。 見ると黒髪ロングでかなりかわいい。 貞子とかの不気味な黒髪じゃなく、綺麗な感じ。 正直言って悪い …

集合写真

ある中学校に仲良し五人組の女生徒がいた。 五人は休み時間も、お昼休みも、帰宅後もいつも一緒に遊んでいた。 皆で友情を誓い合ったりもした。 しかし、いつもリーダーシップを取っている生徒が、自己中だとか自 …