上級

潔癖症のお姉ちゃん

投稿日:

姉は筋金入りの潔癖症だ。

いつも部屋をピカピカにしてないと気がすまない。

私はというと、どちらかというとズボラな方で、ゴミが散らかっててもあまり気にはならない性格だ。

だから同じ部屋を使ってる私たちは、なんとなくぎこちない感じだった。

ある日、業を煮やした姉はついに切れた。

「あんたいい加減にしてよ!毎日毎日部屋を散らかして!片付けてるこっちの身にもなってよ!どうせわざと散らかして片付けてる私をみてほくそえんでるんでしょ?もうあんたみたいな薄汚れた人間なんて真っ平よ!」

そういって出て行ってしまった。

ものすごい剣幕だったので「なによあれ・・・」と思いつつも、
私も少し反省して、これからは少しづつでも整理整頓できる女になろう!と決心し、
とりあえず今散らかっている部屋を掃除し始めた。

30分後・・・

部屋の隅から隅までゴミ一つない光景がそこにあった。

我ながら感嘆の溜息を漏らし、私だってやれば出来る!という自信がついた。

そこへ姉が帰ってきた。

どうやらゴミ袋を買いに行っていたらしい、

それにしても随分と大きなゴミ袋だ。

私は
「見てお姉ちゃん、あたし頑張ってこんなに綺麗にしたのよ!だからそれも必要ないし。
あたしだってやればできるんだから!」と息巻いた。

姉は「そうね」といいつつも、ゴミ袋を一つだけ取り出した。

[amazonjs asin=”B00T3XVAZE” locale=”JP” title=”潔癖男子!青山くん 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)”]

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

飛び降り自殺

サイレンやら何やらで外が騒がしいので、様子を伺いに出てみた。 すると下の階で警察が現場検証?らしき事をしていた。 「何かあったんですか?」と尋ねると 「4階で飛び降り自殺があったんだよ。」 うわぁ、と …

連絡の付かない彼女

数週間前から連絡の付かない彼女の家を訪れてみた 母親が出迎えてくれ、彼女の部屋にあげてもらった 前に来たときとは少し部屋の家具の配置が変わっているようだった あんなに大きいポスターは確か貼っていなかっ …

アトリエ

10年程前の話。 美術の教師をしていた姉がアトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。 その部屋で暮らしているわけではなく、絵を描くためだけに借りたアパート。 せっかく借りてるのに住まないなんてもったい …

自殺を試みた女の子

俺は、結構霊感がある方だと思う。  というか、幽霊がはっきり見えちゃうし話も出来ちゃうんだよね。  ある日、俺は道ばたを歩いていたら、  首にロープを巻いた女の子が寂しそうにこちらを見つめているのに気 …

会話を再開して下さい。

最初の1人が退場させられると、円卓を囲んでいた彼の椅子もすぐさま片付けられ、4人になった僕たちの頭上からまた放送の声が流れる。 『会話を再開して下さい。』 「…いつまでこんなことやらせんだよ!?」 最 …