上級

潔癖症のお姉ちゃん

投稿日:

姉は筋金入りの潔癖症だ。

いつも部屋をピカピカにしてないと気がすまない。

私はというと、どちらかというとズボラな方で、ゴミが散らかっててもあまり気にはならない性格だ。

だから同じ部屋を使ってる私たちは、なんとなくぎこちない感じだった。

ある日、業を煮やした姉はついに切れた。

「あんたいい加減にしてよ!毎日毎日部屋を散らかして!片付けてるこっちの身にもなってよ!どうせわざと散らかして片付けてる私をみてほくそえんでるんでしょ?もうあんたみたいな薄汚れた人間なんて真っ平よ!」

そういって出て行ってしまった。

ものすごい剣幕だったので「なによあれ・・・」と思いつつも、
私も少し反省して、これからは少しづつでも整理整頓できる女になろう!と決心し、
とりあえず今散らかっている部屋を掃除し始めた。

30分後・・・

部屋の隅から隅までゴミ一つない光景がそこにあった。

我ながら感嘆の溜息を漏らし、私だってやれば出来る!という自信がついた。

そこへ姉が帰ってきた。

どうやらゴミ袋を買いに行っていたらしい、

それにしても随分と大きなゴミ袋だ。

私は
「見てお姉ちゃん、あたし頑張ってこんなに綺麗にしたのよ!だからそれも必要ないし。
あたしだってやればできるんだから!」と息巻いた。

姉は「そうね」といいつつも、ゴミ袋を一つだけ取り出した。

[amazonjs asin=”B00T3XVAZE” locale=”JP” title=”潔癖男子!青山くん 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)”]

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

嘘発見機

ある時、父さんが家にロボットを連れてきた。 そのロボットは特別で、ウソをついた人の顔をひっぱたくって言う物騒な代物らしい。 そんなある日…。 僕は学校から帰宅するのがかなり遅くなってしまった。すると父 …

敵のアジト

俺とAは任務で敵のアジトに潜入していた 俺は地上3階、Aは地下3階でそれぞれ作業をしていた 任務は順調に思えたが、上司から即時撤退の指示が出た 潜入は敵にばれていて爆弾が仕掛けられていたらしい 急いで …

ドラクエ1

もう昔の話だが、ガキの頃はいつも親友のAとお喋りしながら学校から帰っていた。 俺「なぁ来週テストだろ?明日一緒に勉強しようぜ」 A「わりぃ、明日はドラクエ1の発売日だから学校サボって買いに行くわw」 …

怪しい男

私は仕事ですごく疲れ自分のマンションに帰ってきた。 高い階に住んでいるのでエレベーターに乗ろうとしたらすでに男が乗っていた。 男は帽子を深く被り顔を見せないようにして立っている。 「気持ち悪いなぁ」と …

とある少女の願い

とある病室に一人の少女がいた その少女は、生まれつき病気をもっており、不治の病という この不治の病のせいで少女は、ずっと病室で過ごしてきたのだ そんな少女に一人のお星さまが現れたのだ そして、お星さま …