中級

砂嵐

投稿日:

深夜、テレビの放送が終わると、砂嵐と呼ばれるザーッという放送になる。

これは実話なんだが、
あるとき地方テレビ局の中の人が、夜勤のとき砂嵐の時間帯に、
暇だから見て楽しもうと思ったアダルトビデオを、うっかり公共の電波に流してしまったことがあった。

もちろん、すぐに数十件の抗議電話が殺到した。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

スーパー赤ちゃん

ある日、平穏な家庭に赤ちゃんが一人産まれました。 その赤ちゃんは驚いたことに、産まれたばかりですぐに言葉を発したのです。 第一声は、 「おじいちゃん」でした。おじいちゃんはひどく喜び、涙を流したそうで …

no image

宅配の兄ちゃん

宅配の兄ちゃんと俺の会話 「すいません、こちらの荷物の住所なんですが……」 「ああ、これだったらB棟の一階ですよ」 「ありがとうございます」 それでドアを閉めた。 俺の部屋はC棟の三階にある。  

出張先のホテル

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。 ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。 案の定深夜にドアをノックする音がする。 ホテルの人かな? と思い声をかけたが返事がない。 …

no image

救助

「おい!しっかりしろ!」 温かい液体が、俺の顔に落ちてくる。 生臭い… 多分、血だろう… 「大丈夫だ!もうすぐ救助隊が来てくれるからな!」 俺は、暗闇でそう叫ぶおじさんに元気付けられた。 数時間後… …

最近まで知らなかった

「俺バカだから最近まで知らなかったけど、人間の頭部って、ボーリングの球ぐらいの重さなんだな。」  「ああ、俺もそれ最近知った。」   [amazonjs asin=”B01LTHLNOY& …