中級

吊り橋

投稿日:

友人とキャンプに行ったんだ

遊び疲れてブラブラ一人で歩いてると結構長い吊り橋が

下は川で、落ちたらひとたまりも無い様な高さ

スリル感を味わいながら渡ってると、いきなり踏み板が外れ転落!

幸い転落防止用のネットに引っかかり事なきをえた

悲鳴に気付いた友人が急いで助けに来てくれた

俺「死ぬかと思った」

友人「大丈夫だったか?ホント、ロープくらい修理して欲しいよな」

-中級
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

彼のおかげ

「私たち幸せね・・・」 『そうだな・・・』  今日は記念日、二人はワインで乾杯した  「私たちが幸せなのも彼のおかげよね」  『ああ、全くだ』  「こうして思い切り贅沢な暮らしが出来るのもぜーんぶ彼の …

no image

気が滅入ってしまう

私は仕事の時はいつも電車に乗っている。 今日も電車に乗っていると、突然目の前に女性が現れた。 ああ、またか。気が滅入ってしまう

no image

海藻

いい年をしてぶらぶらと遊び呆け、 多額の借金をこしらえた男がいた。 年老いた母親が八方頭を下げて男の借金を返してやり、 男は母親に連れられて実家へ帰ることになった。 ところが二人が乗り込んだフェリーは …

妹の日記

少女は11歳だったが、病死した。 家族も友人も近所の人も皆悲しんで葬式に出た。 14歳の兄が少女の部屋へ行くと、 机の一番上の引き出しの奥に日記帳が入っていた。 日記の最後のページは、 少女が死んだ日 …

no image

ずっと暗かったから

男はアイドルAに夢中だった 安月給のため生活に余裕はなかったが使える金は全てアイドルAにつぎ込んでいた 写真集やDVDの発売イベントには必ず顔を出し、その場でありったけの金を使うことが男の日常だった …