珍問

カレンダーの謎

投稿日:

久しぶりに実家に帰ると、亡くなった母を思い出す。
母は認知症だった。
身の回りの世話をつきっきりでしていた父を困らせてばかりいた姿が目に浮かぶ。

そして今は亡き母の書斎に入った時、私は初めて違和感を覚えた。
母にプレゼントしたカレンダーが見つからない。
何の気無しにテーブルを漁ると、ハサミでバラバラにされた幾つかのカレンダーの切れ端が順序良く並んでいる事に気が付いた。
母はどんなに呆けていても、私のプレゼントは大切にしてくれていたのにと…私はショックを受けた。
私は感傷とともに並べられた日付を整理した。

4/4 4/4 4/10 6/11 3/1 6/12 5/6 7/2 6/7 6/17 4/10 4/14 5/16

私は一枚だけ向きが逆になっている6/17に気づき、他の日付と同じ向きに変えていると、一階の父が私を呼んだ。
今日から五年振りの父の手料理が食べられる。
感傷を胸に押し込み、私は母の書斎を後にした。

-珍問
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

最近登山を始めた

私は最近、登山を始めた。 ある日、山を登っていると、居合わせた女性と仲良くなった。 彼女は慣れていて、ベテランのような感じがした。 リュックからは、見たこともない道具が覗いていた。 始めて二ヶ月の私は …

みんな寝たまま

ある村で少女が言った。 「大変、みんな寝たままなの。」 確かに周囲の民家を調べてみると、村人全員まだ昼間だというのに寝ていた。 老若男女村人全員が寝ているのだ。不思議に思った私は少女に尋ねた。 「何で …

でどでんこめんさん

オランダといえば、うちの田舎にこんな伝承がある。 でどでんこめんさん。 昔、江戸時代にうちの田舎に 「でどでんこめんさん」って言う鬼?が現れたらしい。 大きくて肌が赤くて異様な服を着てたらしい。 で、 …

落ちる駅

終電車の中で眠ってしまい目を覚ますと、 見知らぬ女性が俺の肩に頭を乗せてもたれかかるように眠っていた。 見ると黒髪ロングでかなりかわいい。 貞子とかの不気味な黒髪じゃなく、綺麗な感じ。 正直言って悪い …

彼女

俺はどうしようもなく彼女にひかれていた…繰り返し…思いだす、彼女との思い出。 初めて告白した時のはにかんだ笑顔、夜景を見に行って指輪を渡した時は、涙を流して、喜んだっけ。 7年間の思い出が頭を駆け巡る …