珍問

見覚えのない人間

投稿日:

終電が過ぎてしまって困っていた。

「あぁ、どうしよう」そんなことを何度も呟いていた。

ふと気づくと、目の前に黒いスーツを着た男が立っていた。

その男は俺と目が合うと驚いた表情をして俺にこう言った。

「お前さん、この前の・・・」

俺は考えた。

見覚えがない人間にそんなこと言われても。

10秒間の沈黙があった。

何故か俺はただならぬ危機感を感じていた。

「お前さん、この前の」

男が再びその言葉を口にしたとき、俺は気づいてしまった。

俺はその場を駆け出した。必死に走った。

もう大丈夫だろうと思って後ろを振り向くと男の姿はなかった。

俺は呟いた。

「あぁ、どうしよう」

数日後、俺がその男に殺されたのは言うまでもない。

-珍問
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

カレンダーの謎

久しぶりに実家に帰ると、亡くなった母を思い出す。 母は認知症だった。 身の回りの世話をつきっきりでしていた父を困らせてばかりいた姿が目に浮かぶ。 そして今は亡き母の書斎に入った時、私は初めて違和感を覚 …

変なメール

俺は携帯のメール機能を使っていない。 一応名刺には初期設定のアドレス載せてるけど、 もっぱらパソコンに転送してる。 そんなパソコンに最近変なメールが増えている。 意味の分からない文字の羅列が続いて行く …

ごめんな

ドンッドン! 友「本当に、本当にごめんな・・・。」 俺「おいやめろって!」 友「妹が・・妹が病気で・・金がいるんだ!」 俺「大丈夫か?気をしっかり持てよ・・・。」 友「・・・ありがとう・・・」 俺「に …

医師の谷

医師の谷です。犬に犬確か縫い縫い縫いぬ犬犬犬犬か下縫いに縫いすます 朗々と遠のきし風から風か四季の音示せ 掃きて清め見るとも黴を美化理屈を作り黴を美化しても 担う男の子の出る日 頬の笑み三重頬は三重 …

スズキ

僕の地方では、「スズキ」と言う都市伝説が有名です。 スズキは、手には電話(携帯などではなく、家庭用の固定電話。コードなどには繋がっていない)を持っていて、 パタパタと走り回っている謎の男です。 そのス …