上級

嘘発見機

投稿日:

ある時、父さんが家にロボットを連れてきた。

そのロボットは特別で、ウソをついた人の顔をひっぱたくって言う物騒な代物らしい。

そんなある日…。

僕は学校から帰宅するのがかなり遅くなってしまった。すると父がこう尋ねてきた。

「どうしてこんなに遅くなったんだ?」

僕は答えた。

「今日は学校で補習授業があったんだよ」

すると驚いたことに、ロボットが急に飛び上がり、僕の顔をひっぱたいた。

父は言った。

「いいか、このロボットはウソを感知して、ウソついた者の顔をひっぱたくのさ。さあ、正直に言いなさい」

そして父がもう一度聞いてきた。

「どうして遅くなったんだ?」

僕は本当のことを言うことにした。

「映画を見に行ってたんだ」

父はさらに聞いてきた。

「なんの映画なんだ?」

「十戒だよ」

これに反応して、ロボットがまた僕の顔をひっぱたいた。

「ごめんなさい…父さん。実を言うと『Sexクイーン』ってのを見てたんだ」

「何て低俗な映画を見てるんだ、恥を知れ!

いいか、父さんがお前くらいの頃は、

そんな映画を見たり態度が悪かったことなんて無かったんだぞ」

するとロボットはきつい一発を父に食らわせた。

それを聞いていた母が、キッチンから顔を覗かせるとこう言った。

「さすが親子ね、あなたの子だけあるわ」

母も顔をひっぱたかれた。

-上級
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

会話を再開して下さい。

最初の1人が退場させられると、円卓を囲んでいた彼の椅子もすぐさま片付けられ、4人になった僕たちの頭上からまた放送の声が流れる。 『会話を再開して下さい。』 「…いつまでこんなことやらせんだよ!?」 最 …

スイカ割り

今日は念願のスイカ割りだ。 仕事で多忙な日々が続いていたが、有給休暇を取って正解だった。 俺は今日一個買ってきたスイカを用意し、目隠をした状態で棒を構えた。 息子と妻が期待した目で見ている。 俺は棒を …

食料

ある国の王が船旅の途中強烈な嵐に巻き込まれ漂流しました 助かったのは王とその兵士、二人は無人島へ流れ着きました 王 「腹が減った、なにか食べる物をもってこい、 用意できたら国へ帰ったとき男爵の位を授け …

俺とユウキとアズ

俺とユウキとアズの3人は小さい頃からの幼馴染だ。 3人の親の仲が良かったので家族ぐるみでの付き合いをしていた。 俺達が中学2年生の時アズの母親が交通事故で亡くなった。 アズとアズのおじちゃんはとても泣 …

アパートの壁

この前大学に通うために地方へ行った友達から電話がかかってきた。 結構夜遅い時間だったけど、 久しぶりの電話だから寝るまでの時間大いに盛り上がった。 ただ、そいつの話で一つ気になる事があった。 隣に住ん …