中級

お別れ会

投稿日:

今日は親友のA君が転校するのでお別れ会をやった。

みんなと別れるのが寂しいのか、A君はちょっと落ち込んでるみたいだった。

お別れ会はとても素晴らしいものだった。

途中、歌が得意なM君が歌を歌って盛り上げてくれたり、

学級委員のS子が詩の朗読をして雰囲気を作ってくれた。

そして、お別れ会のクライマックス。

親友の僕がA君にプレゼントを手渡す瞬間だ。

プレゼントはクラス全員で書いた寄せ書き。

昨日、出席番号順で周ってきたその白い綺麗な色紙に、僕は今までの思いを込めて

「ありがとう」と、一言だけ書いた。

親友なのにそれだけ?と思うかもしれないけど、その言葉だけで気持ちは十分伝わるはず。

僕は綺麗な袋に入った色紙をA君に渡した。

「元気でね、A君・・・」

「今までありがとう、W君・・・」

A君はちょっと照れたような表情を浮かべて、袋の中の寄せ書きを見た後

感極まったのか号泣してしまった。

そんなA君を見て、たまらず僕も号泣してしまった。

プレゼントをこんなに喜んでもらえるなんて、本当に嬉しい。

二人して泣いてる姿が滑稽だったのか、クラスの皆がニヤニヤしながらこっちを見ている。

僕は急に恥ずかしくなって、照れ笑いをした。

本当に、とても素晴らしいお別れ会になりました。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

耐え続けた

それは広大な大地に、しっかりと根を下ろして大きく茂っていた。 ある日、化学物質が混じった雨が降り注いだ。 だが、それは雨の間ずっと耐え忍んだ。 雨は大地を流れ去っていった。 暫くして、熱く乾燥した暴風 …

no image

宗教

どっかで聞いた話なんだけど。 なんか友人から聞いたらしい話で、 宗教入ってる知人の家族と夕食とることになったんだと。 それが焼肉なんだけど肉は何なのか言ってくれない。 人の肉かも、と思って食べたら違っ …

no image

ノックの音

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。 ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。 案の定夜にドアをノックする音がする。 ホテルの人かな?と思い声をかけたが返事がない。も …

二つの死体

ある町で、男の刺殺体が二つ見つかった。 二つは顔貌からから死に方まで同じだった。 二つの死体のDNAは完全に一致し、 また凶器から死体以外の指紋は検出されなかった。 しかし、検案が終わり解剖へ回されよ …

no image

大きな物音

どっすーーん!!! 2階から大きな物音が聞こえた。 え!?何の音!? 今、2階には父がいるはず。 そういえば、今日は朝から調子が悪そうだった。 いやな予感がして、2階に駆け上がる。 お父さん、まさか倒 …