中級

年齢当て

投稿日:

あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。

やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。

その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。

「すみません。あなたの年齢は28歳ですか?」

男が私に話しかけてきた。

「そうですが、どうしてわかったんですか」

私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。

「あなたの年齢は45歳ですか?」

「そうですけど……」

「あなたは62歳ですね?」

「どうしてわかったんだ?」

そんなやり取りを繰り返していく。

どうやら、その男には、顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。

次の停車駅までは、まだ15分以上ある。

私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。

「あなたは50歳ですね?」

「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」

最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。

年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。

「凄いですね。百発百中じゃないですか」

私は男に話しかけた。

すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。

「・・・私が見えているのは貴方がたの寿命です」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

たった一人の愛娘

今日も愛する妻が台所に立つキッチンからは実においしそうな匂いがする。 そして今日も私はいつもと同じくらいの時間に時計を見上げた。 たった一人の愛娘の帰りが、遅い。 私は今日も娘を探しに腰を上げた。 「 …

no image

徘徊老人

おれの住んでいる地区では徘徊老人や迷子が出ると、役所が街灯拡声器で放送を流す。 「○○歳の男性が、××時から行方がわかりません。背格好は…」 とかそんな感じ。見つかると、 「先ほど放送した男性は、無事 …

no image

雑居ビルのエレベーター

運送会社の配達員をしていた頃の話。いつも通り昼間の配達に回っていた。 それは繁華街の路地裏にある、築うん十年も経ってるであろう 古くて人気もない雑居ビルに行った時のこと。 真夏だったし割と上階へ登らな …

no image

お化け屋敷

夏休みって事で彼と遊園地のお化け屋敷に入った。 とにかく私は怖がりで、中が真っ暗なだけでもうガクブル。 彼の腕を肘ごと抱え込んで、目もつぶって俯きながら歩いた。 彼に胸が肘に当って気持ちいいwとか言わ …

酷いイジメ

可哀想な女の子の話。 女の子は学校で毎日酷いイジメにあっていた。 同じクラスの女子生徒に人目につかない所に連れて行かれ 周囲にわからないようにイジメられていた。 ある日その女の子は学校のトイレで自殺し …