中級

ゲーム

投稿日:

老人が男に言った

「ゲームをしないか?」

老人が説明したゲームの内容は次の通りだ

箱の中に多額の賞金が入れられており、男が見事箱を開けられたら中の賞金は男の物

箱はとても頑丈であり素手で開けるのは不可能だが、まわりには斧などがおかれている

時間制限などは一切無いらしい

男は是非やらせてくれと答えた

男が金を得るチャンスがあるのにリスクは無なさそうだったからだ

参加を表明した男に老人が言う

「実は箱にたどり着くまでにはいくつか難関がある

5万円払えば賞金のすぐそばからスタートさせてやろう」

男は笑顔で5万円を差し出した

ゲームが開始した

スタート時から賞金は男の目の前にあった

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

彼のおかげ

「私たち幸せね・・・」 『そうだな・・・』  今日は記念日、二人はワインで乾杯した  「私たちが幸せなのも彼のおかげよね」  『ああ、全くだ』  「こうして思い切り贅沢な暮らしが出来るのもぜーんぶ彼の …

夜道を一人で歩いていた

深夜0:00、ようやくバイトが終わった。 一人夜道を歩いていると、 後ろから「よぉ!」と言う声が。  振り返ると茶髪の男が笑顔で立っていた。  え?誰?と思っていると、  前から「あれ、お前何やってん …

優しいお姉ちゃん

私は13才の中学生 三つ上のお姉ちゃんとは部屋を共用していてとても仲良し 一つしかないベッドを私に譲ってくれるとても優しいお姉ちゃん 今日もいつものように寝る前に二人で仲良くトランプしたあと二人同時に …

心霊写真

俺の誕生日に、ホームパーティを開いたわけ。 その時、家の中で皆の写真をとってみたら、変なものが映っちゃったのよ。 背後の押入れから見知らぬ真っ白い顔して真っ赤な目の女が顔を出して、こっち睨みつけてんの …

no image

ただの喧嘩

ある日バイトの休憩時間に携帯を見たら 留守電に知らない番号のが入ってた 聞いてみたら女の声で 「○○(知らない男の名前)どうして出ないの?殺すよ? 許してほしかったら掛け直すか開けて。私本当に死ぬから …