中級

腐れ縁

投稿日:

俺は腐れ縁で付き合っていたカノジョを殺すことにした。

高校生時代から、永年連れ添ってきた女なんだが最近結婚しろとかウザいからな。

でも、最近の警察は優秀だから、下手に証拠とか残すと捕まりそうだ。

やっぱり殺人は俺には荷が重い。

そんな時、昔の友人に呼ばれ、家を訪ねてみた。

Kという奴で、今は人気推理作家として名の売れた存在だ。

高校生時代はあいつは根暗な奴で、しょっちゅうイジメの対象にされていたな。

ま、主にいじめてたのは俺とカノジョなんだけどさw

だってウザかったしwww

Kは、でも笑顔で俺を迎えてくれた。

昔の恨みは忘れているようだし、最近喧嘩で作った俺の頬の大きな切り傷についても何も聞いてこなかった。

ま、俺もその方が嬉しいけど。

一緒に茶を飲みながら、俺とKは語り合った。主にKの仕事の内容。

俺が「推理作家って、どういう風にストーリーを考えるんだ?」と尋ねたら、Kは笑顔で答えてくれた。

「今考えているのは、男が女を殺すストーリーさ。

男は女を自分の家で刺し殺すんだ。

その後、『外出先から帰ったら家に死体が転がっている』と警察に通報するのさ。」

「でも自分の家で殺したら足が付くだろ。それにその後警察に通報って……。」

「そこがその犯人の頭の良いところでさ、警察もまさか犯人がそんなバレバレの行動をするとは思わないだろ?だから男は容疑の圏内から真っ先に外れるって寸法さ。」

「なるほど。男は他に何か気をつけることはあるかい? 完全犯罪を狙うなら。」

「ふむ。例えば、凶器の包丁は近所のスーパーで堂々と買うこと。

下手に顔を隠した方が怪しまれるんだよ。 そのナイフにはしっかり指紋を残すこと。

警察はその指紋がお前のものだなんて考えもしないし、かえって捜査を混乱させられる。」

さすが、推理作家のKは言うことが違う。

俺は、その計画でカノジョを殺すことに決めた。

俺は帰り際に、意味深にKにこう言ってやった。

「ありがとう。お前と話していて気が晴れたよ。」

何もわかってないKは笑顔でこう答えた。

「それほどでもないよ。あくまでも俺は推理小説のネタを話しただけさ。」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

にーちゃん

私は未だにどこか呆然としていた。太郎が、あんなに大事に育ててきた太郎が、突然 死んでしまい心に穴が空いたかのようだった。 にーちゃんにーちゃんと慕っていた次郎も まだ兄の死を受け入れられておらず、にー …

ストーカー

今日もまた上司に怒鳴られた。 OL仲間の間でもかなり評判が悪いハゲだ。 「私のストーカーの犯人はあのハゲだったりして…。」 そんなことを考えつつ帰宅した。 家といっても、たった二部屋しかないボロアパー …

私の赤ちゃんじゃない!!

ある産婦人科で赤ん坊が生まれた。 その夜看護婦が赤ん坊の様子を見てみると、なんと赤ん坊は死んでいた 病院は事実を隠蔽するため、すぐに身寄りのない赤ん坊を身代わりに用意した 出産のとき母親は意識がなく、 …

都市伝説

「すいません、○○温泉まで」 「…お客さん、そこ数年前から営業してませんが…」 「いいんです、お願いします」 Aはそう言ってタクシーに乗り込んだ。 そして道中、運転手にその場所に向かう理由を話すことに …

優しいお医者さん

脳死が確認されて二週間を経過した兄の皮膚細胞は、無数のチューブに繋がれ、人工呼吸器と点滴によって生き続けていました。 しかしそれも、昨日までの話です。今日、兄は死んでしまったのです。 「すみません。手 …