中級

腐れ縁

投稿日:

俺は腐れ縁で付き合っていたカノジョを殺すことにした。

高校生時代から、永年連れ添ってきた女なんだが最近結婚しろとかウザいからな。

でも、最近の警察は優秀だから、下手に証拠とか残すと捕まりそうだ。

やっぱり殺人は俺には荷が重い。

そんな時、昔の友人に呼ばれ、家を訪ねてみた。

Kという奴で、今は人気推理作家として名の売れた存在だ。

高校生時代はあいつは根暗な奴で、しょっちゅうイジメの対象にされていたな。

ま、主にいじめてたのは俺とカノジョなんだけどさw

だってウザかったしwww

Kは、でも笑顔で俺を迎えてくれた。

昔の恨みは忘れているようだし、最近喧嘩で作った俺の頬の大きな切り傷についても何も聞いてこなかった。

ま、俺もその方が嬉しいけど。

一緒に茶を飲みながら、俺とKは語り合った。主にKの仕事の内容。

俺が「推理作家って、どういう風にストーリーを考えるんだ?」と尋ねたら、Kは笑顔で答えてくれた。

「今考えているのは、男が女を殺すストーリーさ。

男は女を自分の家で刺し殺すんだ。

その後、『外出先から帰ったら家に死体が転がっている』と警察に通報するのさ。」

「でも自分の家で殺したら足が付くだろ。それにその後警察に通報って……。」

「そこがその犯人の頭の良いところでさ、警察もまさか犯人がそんなバレバレの行動をするとは思わないだろ?だから男は容疑の圏内から真っ先に外れるって寸法さ。」

「なるほど。男は他に何か気をつけることはあるかい? 完全犯罪を狙うなら。」

「ふむ。例えば、凶器の包丁は近所のスーパーで堂々と買うこと。

下手に顔を隠した方が怪しまれるんだよ。 そのナイフにはしっかり指紋を残すこと。

警察はその指紋がお前のものだなんて考えもしないし、かえって捜査を混乱させられる。」

さすが、推理作家のKは言うことが違う。

俺は、その計画でカノジョを殺すことに決めた。

俺は帰り際に、意味深にKにこう言ってやった。

「ありがとう。お前と話していて気が晴れたよ。」

何もわかってないKは笑顔でこう答えた。

「それほどでもないよ。あくまでも俺は推理小説のネタを話しただけさ。」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

吊り橋

友人とキャンプに行ったんだ 遊び疲れてブラブラ一人で歩いてると結構長い吊り橋が 下は川で、落ちたらひとたまりも無い様な高さ スリル感を味わいながら渡ってると、いきなり踏み板が外れ転落! 幸い転落防止用 …

ワケの分からないこと

俺が公園のベンチに座っていると、突然知らない女が話しかけてきた。 女はワケのわからないことを俺に言ってくる。 気持ち悪い女だと思い適当にあしらって帰ろうとしたが、いきなり俺の妻は死んだとか言いだしたの …

出張先のホテル

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。 ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。 案の定深夜にドアをノックする音がする。 ホテルの人かな? と思い声をかけたが返事がない。 …

no image

飴を下さい

ある夜、店じまいした飴屋の雨戸をたたく音がするので主人が出てみると、 青白い顔をして髪をボザボサに乱した若い女が 「飴を下さい」と一文銭を差し出した。 主人は怪しんだが、 女がいかにも悲しそうな小声で …

俺の車

俺とA君B君C君の4人は、いつも一緒で、 あの日も俺の車に乗って、皆で出かけたのだ。 A「もう動いても平気なのかよ?」 B「うん、ただの捻挫だから、外出して良いってよ。」 俺「車はグチャグチャの全損だ …