中級

スーパー赤ちゃん

投稿日:

ある日、平穏な家庭に赤ちゃんが一人産まれました。

その赤ちゃんは驚いたことに、産まれたばかりですぐに言葉を発したのです。

第一声は、 「おじいちゃん」でした。おじいちゃんはひどく喜び、涙を流したそうです。

ところが次の日、おじいちゃんは死んでしまいました。

赤ちゃんはまた、言葉を発しました。 「おかあさん」と。

そして次の日には、おかあさんが息を引き取りました。

おとうさんは震え上がりました。どうすればいいんだろう・・悩みに悩みました。

一時は子供を殺す事まで考えましたが、さすがにそれは出来ませんでした。

そして、ついに赤ちゃんは言いました。「おとうさん」と。

お父さんは半狂乱になりました。

次の日、隣のおじさんが死にました。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お別れ会

今日は親友のA君が転校するのでお別れ会をやった。 みんなと別れるのが寂しいのか、A君はちょっと落ち込んでるみたいだった。 お別れ会はとても素晴らしいものだった。 途中、歌が得意なM君が歌を歌って盛り上 …

双子の姉妹

双子の幼女が誘拐された。 双子はガムテープで目と口を塞がれた。 犯人は姉の耳元でヘリウム声になり囁いた。 「抵抗したり逃げたら妹を殺すよ。」 さらに犯人は妹の耳元でヘリウム声になり囁いた。 「抵抗した …

社長

前の会社で2億の機械を俺のミスでぶっ壊した時 社長はショックで声がでなくなりながらも振り絞るように 「君に怪我がなくてよかった。機械はまた買えばいい」と言ってくれた その時、俺はこの社長に一生ついて行 …

斑点

俺がまだ中学生だった時、体がいつも痣だらけだから『斑点』ってあだ名で呼ばれてる女の子がいた。 『斑点』のお父さんが普段から暴力的らしく、クラスメイトがよく『斑点』と彼女のお母さんが二人で泣いているのを …

no image

ポストの手紙

帰宅するとポストに手紙が入っていた。 『よんるいのまえきんおろす』 文の下には「文字から2を引く」とヒントらしきものが書かれていた。 少し考えたが面倒くさくなりそのまま寝ることにした。 翌日、僕は遺体 …

PREV
NEXT
宗教