中級

本当にごめんな

投稿日:

友「本当にごめんな」

俺「おいやめろって!」

友「妹が…妹が病気で…金がいるんだ…」

俺「大丈夫か?気をしっかり持てよ」

友「…ありがとう………」

俺「に…いや、10万でよかったら貸してやるよ」

友「本当にありがとう…あと、その…なんていうか…」

俺「ほら、晩飯の残りで良かったら食ってけよ」

友「ありがとう…」

俺「…なに言ってんだよ。それに、俺たち親友だろ?」

友「実は自殺しようと思ってて…お前がいなかったらもう…」

俺「そんなに気にすんなよ」

友「こんな夜中にごめんな」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

僕がオリジナル

コレはとあるサイトで見たかなり怖い話なんですが。 最近ある通り魔が某地方都市で有名になってるらしいです。 何故有名かというとその通り魔の犯行にはある特徴があって、 絶対に被害者は自分の家やアパートの玄 …

こんな夢を見た

こんな夢を見た 俺は、出所した後そこそこの会社に就職し、結婚して妻や息子と幸せに暮らす。 そこで、目が覚めた。 今日は遂に出所だ。 刑務官に呼ばれ、俺は刑務所を出た。 「もう来るなよ。」 といって俺を …

都市伝説

「すいません、○○温泉まで」 「…お客さん、そこ数年前から営業してませんが…」 「いいんです、お願いします」 Aはそう言ってタクシーに乗り込んだ。 そして道中、運転手にその場所に向かう理由を話すことに …

奥が鏡張りになっているエレベーター

友人の住むマンションのエレベーターは、奥が鏡張りになっている。 家に遊びに行った時、その友人が俺にこんな話をした。 「エレベーターって、入口の方を向いて乗るじゃん、そうすると鏡が背後でしょ」 「ま、確 …

彼のおかげ

「私たち幸せね・・・」 『そうだな・・・』  今日は記念日、二人はワインで乾杯した  「私たちが幸せなのも彼のおかげよね」  『ああ、全くだ』  「こうして思い切り贅沢な暮らしが出来るのもぜーんぶ彼の …