中級

本当にごめんな

投稿日:

友「本当にごめんな」

俺「おいやめろって!」

友「妹が…妹が病気で…金がいるんだ…」

俺「大丈夫か?気をしっかり持てよ」

友「…ありがとう………」

俺「に…いや、10万でよかったら貸してやるよ」

友「本当にありがとう…あと、その…なんていうか…」

俺「ほら、晩飯の残りで良かったら食ってけよ」

友「ありがとう…」

俺「…なに言ってんだよ。それに、俺たち親友だろ?」

友「実は自殺しようと思ってて…お前がいなかったらもう…」

俺「そんなに気にすんなよ」

友「こんな夜中にごめんな」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

足が痛い

友達が小学生のとき、学校に大きな遊具(滑り台やらうんていやらが合体したアスレチックみたいなやつ)があったらしい。 で、長放課になるとその遊具で遊ぶ生徒が多かったそうだ。 ある日、その遊具で怪我人が出た …

no image

おい!ごだ!

おい!ごだ! ばが姉ぎ! おでが目わどぅいのじっでるだろ! ぜん面所におでの歯ブラジとぼだじ色の眉ぞり用ガミゾリ置ぐな!

スクール水着姿の女の子

「んぁ?誰だあれ?」 見ると一人のスクール水着姿の中学生くらいの女の子が、 まるで俺達が来るのを待っていた様に 乗ってきたレンタカーのボンネットに腰掛けていた。 「…こんにちは。これお兄さん達の車?」 …

no image

宗教

どっかで聞いた話なんだけど。 なんか友人から聞いたらしい話で、 宗教入ってる知人の家族と夕食とることになったんだと。 それが焼肉なんだけど肉は何なのか言ってくれない。 人の肉かも、と思って食べたら違っ …

帰省

「おい、まだかよ?」 俺は、女房の背中に向かって言った。 どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。 「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」 確かに女 …