中級

本当にごめんな

投稿日:

友「本当にごめんな」

俺「おいやめろって!」

友「妹が…妹が病気で…金がいるんだ…」

俺「大丈夫か?気をしっかり持てよ」

友「…ありがとう………」

俺「に…いや、10万でよかったら貸してやるよ」

友「本当にありがとう…あと、その…なんていうか…」

俺「ほら、晩飯の残りで良かったら食ってけよ」

友「ありがとう…」

俺「…なに言ってんだよ。それに、俺たち親友だろ?」

友「実は自殺しようと思ってて…お前がいなかったらもう…」

俺「そんなに気にすんなよ」

友「こんな夜中にごめんな」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

贅沢な食事

今日の晩御飯のメニュー・サラダ・キノコパスタ・サンドイッチと 貧乏な僕の家庭には贅沢な食事だった。 お母さんが仕事から帰って来て作ってくれた。 食事が終わって兄弟3人でにらめっこをした。 3人とも笑い …

幼なじみで付き合い長い女の子

幼なじみで付き合い長い女の子で、 何でか「さようなら」を言わない子がいるんだ。 見た目普通だし、昔から家も何回かお邪魔したけど、 おかしいところはないのね。 でも、学校の帰りの挨拶も帰り道で別れるとき …

うたた寝

電車でうたた寝しちゃってたみたいだ。 肩をポンポンっとたたかれてハッと目が覚めた。 見上げると見たことのない陰気くさいおっさんが立っていた。 「つきましたよ」 とそのおっさんは言う。 え?寝過ごした? …

お姉ちゃん

オバケって本当にいるとおもいます。 小さいころ、わたしにはお姉ちゃんが見えていました。 同じきたない服をきて、いっしょに住んでいました。 でもある日お姉ちゃんは見えなくなりました。 パパと、ママが宝く …

鍵がない

バイトから帰ってきたら鍵がないことに気づいた マジやばい。 どうしよ~、もう夜中の2時だし管理人さんも寝てるだろうな でも合い鍵作ってないから、あれがないと入れないしな どっかで落としたのかな~、でも …