意味がわかると怖い話

最終バス

投稿日:

最終間近の路線バス。

すこし酔っていたせいかうつらうつらとしていると、降車ボタンが押された音にはっと目を覚ます。

次は私の降りる停留所。いかんいかん乗り過ごしていたら大変な所だった。

私が一人降りると乗客の居なくなったバスはそのまま発車する。

客が居ないのにご苦労なこったな

-意味がわかると怖い話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

三回忌

もうすぐ妻の三回忌だ。 夫婦仲は最悪だった。 勤めていた会社が倒産し、再就職したのは零細企業。 結婚するときの約束、マイホームは絶望的だった。 おまけに、まだ若いのにハゲ始め、腹の突き出たメタボ体型に …

no image

心を読む薬

私は学者である。 現在朝の4時、私は叫ばずにはいられなかった。 毎日毎日研究を重ねやっと作り上げた。 相手の心を読むことのできる薬を。 今までいくつも発明してきたが中でもこれはとても素晴らしい出来だ。 …

no image

受験

うちって近所からは仲がいい家族だとか思われてるぽいな。おもしれえ。 オヤジは数年前から仕事がダメになってからは家族に暴力振るってんだよ。 弟はいっつも勉強ばっかしてる俺をこバカにしやがって。お袋と寝て …

no image

再生技術

ある日のことだった。俺はバイクで事故を起こし、左足を丸々切断することになってしまった。 意気消沈していた俺だったが、ある研究者から実験の被験者にならないかという話が来た。 それは人体を再生する新技術の …

no image

合コンでできた彼女

いやー・・・ 久しぶりの合コンは楽しかったよ。 なんと、それで彼女が1日で出来たんだよ。 俺の部屋に入れて、しばらく話してたら、 彼女が突然「用事あるから帰る」って言い出しちゃって・・・ でももっと話 …