意味がわかると怖い話

最終バス

投稿日:

最終間近の路線バス。

すこし酔っていたせいかうつらうつらとしていると、降車ボタンが押された音にはっと目を覚ます。

次は私の降りる停留所。いかんいかん乗り過ごしていたら大変な所だった。

私が一人降りると乗客の居なくなったバスはそのまま発車する。

客が居ないのにご苦労なこったな

-意味がわかると怖い話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

三回忌

もうすぐ妻の三回忌だ。 夫婦仲は最悪だった。 勤めていた会社が倒産し、再就職したのは零細企業。 結婚するときの約束、マイホームは絶望的だった。 おまけに、まだ若いのにハゲ始め、腹の突き出たメタボ体型に …

no image

渋滞

ああ、暑い。 前も後ろも右隣も、動かない車で景色が塞がれている。 もう夕方だろうか、燃えるような夕陽が差し込んでくる。 車内に閉じ込められてから、1時間は経つだろう。 ラジオを聴いていると、どうもこの …

no image

自殺の森

一月ぐらい前の話し、知り合いと、自殺で有名な深い森に行った。 日付が変わる時、森を散策して居たとき、 一台のホロ付き2屯トラックが駐車場に入って来た。 しかも地元Noでは無く関西地方のNo、 荷台から …

no image

私リサ、6歳。

私リサ、6歳。 リサは最近嬉しいの。だってパパが早く帰ってくるから。 いつもは夜遅いのに、最近は学校から帰ったら毎日おうちにいるの。 いっぱい遊んでもらえるの。だから、リサは今とっても幸せ。 この前は …

no image

人気のレストラン

最近ブログで人気のレストランがTVでも雑誌でも大々的に紹介されているので 友人と共に行くことにした。 「ディナーコースがお薦めなんですって!」友人はハイテンションだ。 ところが検問を行っている・・・。 …