意味がわかると怖い話

最終バス

投稿日:

最終間近の路線バス。

すこし酔っていたせいかうつらうつらとしていると、降車ボタンが押された音にはっと目を覚ます。

次は私の降りる停留所。いかんいかん乗り過ごしていたら大変な所だった。

私が一人降りると乗客の居なくなったバスはそのまま発車する。

客が居ないのにご苦労なこったな

-意味がわかると怖い話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

赤ん坊

数日前、夜中に24時間営業のスーパーに行ったら、ガランとした店内に、赤ん坊の泣き声が響き渡ってた。 夜中に赤ちゃん連れ出すとか、なに考えてんだよ、と声のする方を見たら、 若い男が危なっかしい手付きで赤 …

no image

自殺の森

一月ぐらい前の話し、知り合いと、自殺で有名な深い森に行った。 日付が変わる時、森を散策して居たとき、 一台のホロ付き2屯トラックが駐車場に入って来た。 しかも地元Noでは無く関西地方のNo、 荷台から …

no image

再生技術

ある日のことだった。俺はバイクで事故を起こし、左足を丸々切断することになってしまった。 意気消沈していた俺だったが、ある研究者から実験の被験者にならないかという話が来た。 それは人体を再生する新技術の …

no image

勝負

私はあるヤクザと勝負している。 3本の柱A,B,Cがあり、柱Aにある64枚の円盤(上から下で順に大きい)を1枚ずつ柱Bを中継点にして柱Cに移動させる。ただし、どの柱でも上の円盤の方が小さくなければなら …

no image

水曜日

楽しかった水ようびも消されてしまい手のなかにはない 愛されたいという願いは害でしかなく 恋を論じるには冷めているから例のところで確かめよう 繋げた銀いろは儚くて 忘れてしまった旅は幸せだったんだね