中級

ずっと暗かったから

投稿日:

男はアイドルAに夢中だった

安月給のため生活に余裕はなかったが使える金は全てアイドルAにつぎ込んでいた

写真集やDVDの発売イベントには必ず顔を出し、その場でありったけの金を使うことが男の日常だった

その日はアイドルAのバースデーイベントだった

当然参加した男が握手待ちの列に並んでいるとアイドルAのマネージャーが話しかけてきた

「いつもありがとうございます」

毎回イベントに顔を出し写真集などを数十冊単位で購入していく男はすっかり顔馴染みになっていた

「Aもほんと喜んでるんですよ」

そう言われて内心嬉しくてたまらない男

そしてようやく握手する番になった

「わぁ!ありがと〜」

目の前でにっこりと笑いながら喜んでいる姿に男はこの上ない幸せを感じていた

数日後、アイドルAは自宅前の路上でメッタ刺しにされて殺された

犯人はあの男だった

目撃証言から割り出され抵抗することもなく逮捕された

「なぜあんなことをしたんだ」

刑事からの追求に男はボソリとつぶやいた

「ずっと暗かったから」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

サンタクロースに会ってしまった

俺はサンタクロースに会ってしまった 去年 妻が交通事故で死んで以来 俺は悲しみで自暴自棄になり自堕落な生活を送っていた 仕事もしないで毎日酒を飲んでは寝ているばかりだった そんな頃 クリスマスの日の夜 …

病院

友人と2人で病院に行った。 有名な所なので、待合室は混み合っている。 「あーあ、こんなに人が多いなら、来なけりゃ良かったな。」友人がため息をつく。 いよいよ診察室に入ろうとした時、待合室にいた友人が突 …

葉書

交通事故で少年を轢き殺した男が、 母親に慰謝料を払いたいと申し出ると、断わられてしまった。 「代わりに毎月13日には、やった事を忘れないよう自分宛に葉書を送ってほしい」と、 宛名の書かれた、たくさんの …

no image

ベビーカー

はぁ。気が滅入る。 急な坂が多いのよねこの辺。 帰りにこの坂を次女を乗せたベビーカー押して長女背負って登らなきゃいけないと思うと・・・ あぁ、また次女がぐずりだした。 アカネもうお姉ちゃんなんだからそ …

不思議な箱

俺は、人の余命が少し分かるという、不思議な箱を持っている。 と言っても、そんなにすごいものではない。 路地で怪しい商品を販売している男から、面白半分で買ったものだ。 見た目は小さな木箱で、蓋を開けると …