中級

ずっと暗かったから

投稿日:

男はアイドルAに夢中だった

安月給のため生活に余裕はなかったが使える金は全てアイドルAにつぎ込んでいた

写真集やDVDの発売イベントには必ず顔を出し、その場でありったけの金を使うことが男の日常だった

その日はアイドルAのバースデーイベントだった

当然参加した男が握手待ちの列に並んでいるとアイドルAのマネージャーが話しかけてきた

「いつもありがとうございます」

毎回イベントに顔を出し写真集などを数十冊単位で購入していく男はすっかり顔馴染みになっていた

「Aもほんと喜んでるんですよ」

そう言われて内心嬉しくてたまらない男

そしてようやく握手する番になった

「わぁ!ありがと〜」

目の前でにっこりと笑いながら喜んでいる姿に男はこの上ない幸せを感じていた

数日後、アイドルAは自宅前の路上でメッタ刺しにされて殺された

犯人はあの男だった

目撃証言から割り出され抵抗することもなく逮捕された

「なぜあんなことをしたんだ」

刑事からの追求に男はボソリとつぶやいた

「ずっと暗かったから」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アラビアへ出張

田代さんは海外出張の多い仕事だった。 どんな危険な地域でも仕事なら飛ばなくてはならなかった。 この時もアラビアへ出張していた。 貧富の差が激しいこれらの地区は 外国人にとっては大変に危険な地帯で警戒心 …

パチンコ玉

とてもうるさい店だったので、その男は耳栓替りにパチンコ玉を左右の耳に詰めた。 ところがあまりぎゅうぎゅう耳の奥に詰め込んだので、抜けなくなった。 耳掻きで取りだそうにも、耳掻きを入れる隙間もない。 そ …

妹の日記

少女は11歳だったが、病死した。 家族も友人も近所の人も皆悲しんで葬式に出た。 14歳の兄が少女の部屋へ行くと、 机の一番上の引き出しの奥に日記帳が入っていた。 日記の最後のページは、 少女が死んだ日 …

待ち合わせ

彼女と夜の東京タワーで待ち合わせをしていたのだが 車で向かって渋滞により遅刻してしまったのだ 30分後についたがふて腐れた顔でこっちの話をまったく聞いてくれない それどころか俺を無視して長電話をしてい …

ネットカフェ

「ありがとうございました~。あ~最後の客帰った。暇だぞコラー。客居なくて淋しいwwww」 俺は、とある田舎でネットカフェ店員をしている。 ネットカフェといえば、個室ブースがあったり24時間営業だったり …