中級

ずっと暗かったから

投稿日:

男はアイドルAに夢中だった

安月給のため生活に余裕はなかったが使える金は全てアイドルAにつぎ込んでいた

写真集やDVDの発売イベントには必ず顔を出し、その場でありったけの金を使うことが男の日常だった

その日はアイドルAのバースデーイベントだった

当然参加した男が握手待ちの列に並んでいるとアイドルAのマネージャーが話しかけてきた

「いつもありがとうございます」

毎回イベントに顔を出し写真集などを数十冊単位で購入していく男はすっかり顔馴染みになっていた

「Aもほんと喜んでるんですよ」

そう言われて内心嬉しくてたまらない男

そしてようやく握手する番になった

「わぁ!ありがと〜」

目の前でにっこりと笑いながら喜んでいる姿に男はこの上ない幸せを感じていた

数日後、アイドルAは自宅前の路上でメッタ刺しにされて殺された

犯人はあの男だった

目撃証言から割り出され抵抗することもなく逮捕された

「なぜあんなことをしたんだ」

刑事からの追求に男はボソリとつぶやいた

「ずっと暗かったから」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

帰省

「おい、まだかよ?」 俺は、女房の背中に向かって言った。 どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。 「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」 確かに女 …

no image

ただの喧嘩

ある日バイトの休憩時間に携帯を見たら 留守電に知らない番号のが入ってた 聞いてみたら女の声で 「○○(知らない男の名前)どうして出ないの?殺すよ? 許してほしかったら掛け直すか開けて。私本当に死ぬから …

お揃いのバック

私はブランド物のアイテムを、3つだけ持っている。 時計とパスケースとバッグで、すべて姉とお揃いである。 自分で買ったのではなく、祖父から貰ったものだ。 大事にしていたのだが、少し前に時計をなくしてしま …

痴漢

帰宅の途中、電車に乗っていると近くの女性が痴漢にあっているようだった すぐに助けようと思ったが、勘違いかもしれないので 「痴漢されているなら、首を左右に振ってください」 と確認のメールを送ってみた す …

敵国兵

A国が、敵国と戦争をしていた頃の話。 私はA国兵として、前線で戦っていた。 命令は単純で、「敵国兵を見つけたら皆殺しにせよ」である。 その命令通り私は敵国兵を何人も殺し、成果を挙げてきた。 しかし私は …