中級

応援

投稿日:

親友に彼女を奪われた。ビルの屋上で花火観賞をしていた。

「あいつを奪うみたいになって悪かったな」

『しょーがない』

「怒ってないのか?」

『別に。あいつがお前を選んだだけ』

「なら良かった」

『あいつが待ってるから早く行けよ』

「ありがとう。応援してくれ」

俺は親友の背中を力強く押した。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

トイレの花子さん

「トイレの花子さん」ってあるでしょ? トイレの前でノックして、花子さんあそびましょうって言うやつ… 例えば、私と誰かとが、 ノックして「あそびましょう」って言ったとするでしょ。 すると「はーい」って、 …

水くれ

去年の夏、福井県の某キャンプ場に友人四人で行った。 そこは目の前がすぐ海水浴場になっているため、 海のシーズンになると毎年このメンバーで訪れるキャンプ地だった。 夏の海を堪能し、夜はお決まりのバーベキ …

にーちゃん

私は未だにどこか呆然としていた。太郎が、あんなに大事に育ててきた太郎が、突然 死んでしまい心に穴が空いたかのようだった。 にーちゃんにーちゃんと慕っていた次郎も まだ兄の死を受け入れられておらず、にー …

凄い勢いで駆け抜けた子供

3日前の夜中の話。 飲みに行った帰り道、メチャメチヤ寒くてさ 家の近所の自販機で温かい茶を買ってたの。 そしたら右にある交差点を子供が凄い勢いで駆け抜けた。 『こんなに寒いのに・・・』 と思いながら茶 …

新しいもの好き

俺の彼女は新しいもの好き。 だからといって古いものを捨てられず、部屋の中はまるでゴミ屋敷のよう。 あ、そこにあるのは俺があげた指輪。 その隣にあるのは元カレにもらったと言っていた腕時計。 そこにある手 …

PREV
幽霊怖い
NEXT
覗き