上級

不審な日記

投稿日:

1904年8月のことだ。

私は自宅で不審な日記を見つけた。

我が家は、6年前結婚してすぐに妻と選んで購入した中古住宅だ。

妻と二人の娘は一昨年の船旅中の事故により他界。

二人の愛娘は後日別々の場所に打ち上げられたが、結局は還ってこなかった。

先日、改築のため大工を呼ぶと、妻の部屋の天井裏から日記が出てきたと手渡された。

その日記は間違いなく妻の字で書かれていた。

日記の内容はこうだ。

7/15:今日から私と貴方の生活が始まりますね

(私と妻の結婚記念日だ)

9/21:貴方のために今の私が作られました。

12/9:それでも私は貴方を放さない。

2/23:もうすぐです。

2/29:理解して頂けましたか?

私は恐怖のあまり、遠い街へと引っ越した。

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

背の小さいばあちゃん

俺が去年某洋楽バンドのライブに行った時の帰りの話。 俺と友達二人(仮にA・Bとする)の計三人で行って、 ライブ終了後、テンション最高潮で帰ってたんだよ。 そしたらAが後ろから誰かに肩を叩かれたんだ。 …

すげー怖い車

今日すげー怖い車見た。 全身スモークの黒バンで真夜中なのにライト消して軽自動車のあおってんの しかも当たるか当たらないかの距離だから当然、 軽の人も気付いてて結構飛ばしてたってか逃げてたww 暗かった …

かなしんでくれるかい?

一人の女の子がいた。 性格は明るく、小学校ではたくさんの友達に囲まれていた。 また、女の子は大のおじいちゃん子で、おじいちゃんも女の子の事を本当に可愛がった。 しかし、おじいちゃんは今は入院しており、 …

不思議な能力

ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。 毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。 男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。 目の前をおばさんが通る。すると男は …

停電と女

風呂上がり、わたしはくつろぎながら髪を乾かそうと思い ドライヤーを部屋に持って行き、ソファーに座り、テレビをつけた。 すると怖い番組でもやっていたのか、血だらけの女の人が映った。 その瞬間、部屋は真っ …

PREV
覗き
NEXT
足が痛い