中級

雑居ビルのエレベーター

投稿日:

運送会社の配達員をしていた頃の話。いつも通り昼間の配達に回っていた。

それは繁華街の路地裏にある、築うん十年も経ってるであろう

古くて人気もない雑居ビルに行った時のこと。

真夏だったし割と上階へ登らなければいけなかった為、

つい怠けてエレベーターを使おうとした。ボタンを押すと、すぐ扉は開いた。

と、突然女性が酷い顔をして「うわあああ」狂った様に叫びながら飛び出してきて、

思わず後退りした。その女性はそのまま繁華街へと走って消えた。

何だろう、酷い事でもされたか?ラリってるのか?

こんな湿っぽい雰囲気のビルだ、中で何やってるかわからない・・。

恐る恐るエレベーター内を覗いて確認するが何も無い。階段から人が降りてくる気配も無い。

不気味だな、さっさと荷物置いて出よう。そう思いながらエレベーターに乗った。

荷物の宛先は8階。

おかしい。

ボタンがひとつしかない。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

もう見えるぞ

『もう見えるぞ。もう見えるぞ。紙と筆をもってこい』 が、臨終の言葉だったうちのじいちゃん。 未だに親類の語り草になってる。 俺は直接は聞けなかったけど、想像すると怖すぎる。 じいちゃんが死んだのは俺が …

止めない?

会社にリストラされて自殺を決意したが、 一人で死ぬ度胸が無かったオレは自殺サイトで仲間を集った。 すると三人の男女から返信があった。  数日後オレたちは田舎の小さなペンションに訪れた。  もちろん自殺 …

敵国兵

A国が、敵国と戦争をしていた頃の話。 私はA国兵として、前線で戦っていた。 命令は単純で、「敵国兵を見つけたら皆殺しにせよ」である。 その命令通り私は敵国兵を何人も殺し、成果を挙げてきた。 しかし私は …

no image

洗面所

さて、そろそろ出かけるか 時計を見ると昼過ぎだった あー、まだ顔洗ってなかった めんどくさいけど仕方が無い 洗面所の水を出してジャバジャバ顔にかける 洗顔料を指の上に乗せ、泡立てて顔に広げ マッサージ …

バイクが燃えている

友人のマジ体験話だけど。 夜中、山道を走ってると林が燃えていた。 車を泊めてみると、なぜか道路が真っ赤に染まっている。血だった。 そして燃えている林を見るとバイクが燃えている。 その傍らにはヘルメット …