中級

呪いの真書

投稿日:

呪い真書を手に入れた。冒頭にこう書いてある。

「これに書かれてある手順を実行すると呪いが成就するが、

手順を間違えるとその呪いは自分に返ってきます。あなたはそれでも実行しますか?」

勿論だ。俺には許せない奴がいる。だからこそこの呪い真書を手に入れたのだ。

俺は呪いの手順を始めた。

「1.まず始めに、目を閉じて、呪いたい相手の顔を思い浮かべます」

忘れたくても忘れられるものか、と俺は奴の顔を思い浮かべた。

よし、次だ、どれどれ・・・。

「2.どんな呪いをかけたいのか思い浮かべます」

考え付く全ての苦痛を与え続けてやる。よし、次だ。

「3.最後に目を開けます」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

土間の縁側の下

タクシー運転手の奥さんが、  まだ五才になったばかりの子を残して亡くなった。  父親は仕事ででかけている時間が長く、  そのあいだ隣の家に子どもを預けていたのだけれど、  深夜になっても帰ってこないの …

家族がバラバラ

美紀は食卓の上の残り物を眺めながら、物憂げな表情を浮かべていた。 向かいの席には行儀の悪い弟が食卓に足を投げ出しテレビに目を向けている。 父と母のいる隣の部屋からは紅白歌合戦が聞こえてくる。 今年大流 …

出張先のホテル

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。 ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。 案の定深夜にドアをノックする音がする。 ホテルの人かな? と思い声をかけたが返事がない。 …

殺人鬼から逃げるゲーム

なんか友達が 「殺人鬼から逃げた時間に応じて金がもらえるゲームって知ってる?」 とか言ってきたから 「は?そんなの有るわけねーだろ」 って返したんだ。そしたら 「それがそうでもないんだよ、実際参加した …

悲鳴

外で散歩をしていたら、「キャー!」という女性の悲鳴が聞こえました。 私は驚いて行ってみると 道路で女性が、縦2m・横2m・暑さ50cm程の鉄板らしき物の前に座りこんでいました。 その女性に話を聞こうと …