意味がわかると怖い話

勝負

投稿日:

私はあるヤクザと勝負している。

3本の柱A,B,Cがあり、柱Aにある64枚の円盤(上から下で順に大きい)を1枚ずつ柱Bを中継点にして柱Cに移動させる。ただし、どの柱でも上の円盤の方が小さくなければならない。

ヤクザ「このゲームを24時間以内にクリア出来れば、1000万やろう。但し失敗した場合は解体ショーのゲストになって貰う」

こんな簡単なゲームで1000万は、美味しいよな(笑)

-意味がわかると怖い話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

最期の修学旅行

その日僕は同窓会に行きました みんなのムードメーカーのA 頭がよくてわからない問題を教えてくれたB クラスのマドンナでみんなに憧れられてたC 僕はまたこの愉快なメンバーと騒げることに幸せを感じました …

no image

女が私の髪を掴んでいる

女が私の髪を掴んでいる。 わたしの肌の皮を刃物で取り除く。 痛い、痛い、やめて 女の手は止まらない。 私の皮をすっかり剥いだ。 そして私の体をバラバラに切る。 私の顔を尖った刃物がいっぱいついた。 も …

no image

三つ目の願い

あるところに、とても物知りの若者がいた。ある男が彼に質問した。 「なあ、悪魔を呼び出せば3つの願いをかなえてくれるんだろう?」 「そうらしいな」 「もしあんたが悪魔を呼んだら、どんな願い事をする?」 …

no image

最終バス

最終間近の路線バス。 すこし酔っていたせいかうつらうつらとしていると、降車ボタンが押された音にはっと目を覚ます。 次は私の降りる停留所。いかんいかん乗り過ごしていたら大変な所だった。 私が一人降りると …

no image

国民年金

ドンドン 俺はボリボリ頭をかき、眠り眼のまま玄関先に向かう 不快感を露にしながらドアを開けるとそこには 黒縁眼鏡にペッタリとしたポマード臭漂う七三に分けた男が立っていた  面識はない 新聞の勧誘か す …