意味がわかると怖い話

嫉妬心が強い妻

投稿日:

長年連れ添ってきた彼女と、ついに結婚することになった。

彼女は嫉妬心が強い子で、他の女の子と話をするだけですぐに不機嫌になるんだ。

でも、本人は浮気をまったくしないし、俺だけを愛してるって何度も言ってくれた。

だから俺は、彼女と結婚することに決めたんだ。

挙式を終えて、一戸建てを買って二人の新婚生活が始まった。

妻は毎朝俺を玄関から見送って、夜はかならず料理を作って待っていてくれる。

俺は本当に幸せだった。

そして数年後、妻が初めての子供を孕る。

医者によると女の子だそうだ。

俺は初めてのことで、それこそ大喜びした。

妻も笑顔で自分のお腹をなでて喜んでいた。

やがてお腹もぽっこり出てくるようになり、俺は妻の腹に耳を当てて、もうすぐ生まれてくる我が子の様子が気になって仕方がなくなるようになった。

朝起きたとき、夜帰ったとき、俺は毎日のように妻のお腹から我が子を可愛がった。

ある日、病院から仕事先に一通の電話が鳴った。

妻が流産したのだ。

俺は上司に無理を言って、急いで妻が担ぎこまれた病院に向かった。

そこで俺は、産婦人科の担当医から、流産の事実を聞かされた。

嘘ではなかった。

俺は病室で寝ている妻のところへ向かった。

妻は疲れたような、悲しいような目で窓の外を眺めていた。

俺は「残念だったな・・・」と呟いた。

「・・・そうだね」と妻も呟いた。

その後に、振り絞るような声で、こう続けた。

「でもあたし、また子供つくるよ。 死んじゃったあの子の分も生きられるような、元気な男の子をね・・・」

-意味がわかると怖い話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

先にいっちゃうよ

彼が、先にいっちゃうよって笑ったから 私も急いで追い掛けたの だって手を繋いでいきたかったからね

no image

香水の匂い

いや〜、駅はいっぱい人が来るからさまざまな人が便所を利用するもんだw ある日、背の高い女性が入ってきて来たんだ。 そりゃまた香水の匂いがきつくてねw 個室からでた後、鏡見て、念入りに化粧して顔を直して …

no image

小さい頃の話

小さい頃の話 日曜の昼、両親が出かけるから留守番してろと言って出て行った しかし近所の山にカブト虫を取りに行きたい俺は言いつけを無視して山へ そこは薄暗くて奥の方ではよく首吊りがあるいわゆる名所なんだ …

no image

息子が殺された

もう俺の息子が死んでから…いや殺されてから3年になる。 包丁でめった刺しにされた息子の死体が発見されたが、発見当初は犯人が誰なのか分からず警察は苦戦していた。 しかし発見から2週間後、隣に住む一人暮ら …

no image

三つ目の願い

あるところに、とても物知りの若者がいた。ある男が彼に質問した。 「なあ、悪魔を呼び出せば3つの願いをかなえてくれるんだろう?」 「そうらしいな」 「もしあんたが悪魔を呼んだら、どんな願い事をする?」 …