意味がわかると怖い話

小さい頃の話

投稿日:

小さい頃の話

日曜の昼、両親が出かけるから留守番してろと言って出て行った

しかし近所の山にカブト虫を取りに行きたい俺は言いつけを無視して山へ

そこは薄暗くて奥の方ではよく首吊りがあるいわゆる名所なんだけど、カブトや

クワガタがよく取れる場所としても有名で、子供で怖がる奴なんかいない場所だった

急いで行ってカブト虫を取って戻れば両親が帰る前に間に合う、と思った俺は

脇目もふらずに自転車で全力疾走、山へ近づいてくるとテンションが上がってきて

角から出てきた車に気がつくのに遅れ、避けようとして派手にこけてしまった

擦りむいて痛かったがとくにひどい怪我はしていない

車も急ブレーキをかけて止まり、中から「大丈夫か!」と人が降りてきたんだが

見るとなんと両親、自分の親の車に轢かれる、というところだったのだ

親は忘れ物を取りに戻る途中だったらしい

「轢いちゃってたらシャレになんないよ、お前には生きて欲しいんだから」

と親は泣き、出かける予定はやめにしてみんなで家に帰った

-意味がわかると怖い話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

再生技術

ある日のことだった。俺はバイクで事故を起こし、左足を丸々切断することになってしまった。 意気消沈していた俺だったが、ある研究者から実験の被験者にならないかという話が来た。 それは人体を再生する新技術の …

no image

嫉妬心が強い妻

長年連れ添ってきた彼女と、ついに結婚することになった。 彼女は嫉妬心が強い子で、他の女の子と話をするだけですぐに不機嫌になるんだ。 でも、本人は浮気をまったくしないし、俺だけを愛してるって何度も言って …

no image

新聞にも載らない話

新聞にも載らなかった話。 とあるマンション(市内では自殺の名所で知られてる。) で女性の死体が見つかりました。 仰向けに寝かされた状態で 年齢は20〜30後半くらい。 革のミニスカ−トにストレッチブ− …

no image

先にいっちゃうよ

彼が、先にいっちゃうよって笑ったから 私も急いで追い掛けたの だって手を繋いでいきたかったからね

no image

渋滞

ああ、暑い。 前も後ろも右隣も、動かない車で景色が塞がれている。 もう夕方だろうか、燃えるような夕陽が差し込んでくる。 車内に閉じ込められてから、1時間は経つだろう。 ラジオを聴いていると、どうもこの …