意味がわかると怖い話

心を読む薬

投稿日:

私は学者である。

現在朝の4時、私は叫ばずにはいられなかった。

毎日毎日研究を重ねやっと作り上げた。

相手の心を読むことのできる薬を。

今までいくつも発明してきたが中でもこれはとても素晴らしい出来だ。

ちょうどそこに隣に住む友人が訪ねてきた。

「やっと完成したんだ!!」

私は言う。

「そんな嬉しそうな顔してどうしたんだ?」

「実は相手の目を見るだけで相手の心がわかってしまう薬が出来たんだ!!!一粒使えば1時間,きっかり1時間相手の心を読むことができるんだ!!」

「わかった。まず落ち着け。それはすばらしいな。」

「では使ってみることにしよう!!!」

「どうだ?私の心がわかるか?」

「手に取るようにわかる!君は私の研究を信じていないね?むしろ私に怒りさえ覚えている。」

「そうだ。悪いがもう君には付き合いきれない。あまりに馬鹿馬鹿しいすぎる。毎日のように朝まで君の独り言を聞いていると頭がおかしくなる。しかるべき所へ通報して君には施設へ行ってもらうからな。」

「ちなみに昨日の夕飯は?」

「………」

「そうかわかったぞ。わかったぞ。」

「馬鹿らしい。」

と言うと友人は帰ってしまった。

次の日、学者は家から姿を消した。

「別に信じたわけではない。」

と友人は夕飯を作りながら独り言を呟く。

-意味がわかると怖い話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

三回忌

もうすぐ妻の三回忌だ。 夫婦仲は最悪だった。 勤めていた会社が倒産し、再就職したのは零細企業。 結婚するときの約束、マイホームは絶望的だった。 おまけに、まだ若いのにハゲ始め、腹の突き出たメタボ体型に …

no image

国民年金

ドンドン 俺はボリボリ頭をかき、眠り眼のまま玄関先に向かう 不快感を露にしながらドアを開けるとそこには 黒縁眼鏡にペッタリとしたポマード臭漂う七三に分けた男が立っていた  面識はない 新聞の勧誘か す …

no image

三つ目の願い

あるところに、とても物知りの若者がいた。ある男が彼に質問した。 「なあ、悪魔を呼び出せば3つの願いをかなえてくれるんだろう?」 「そうらしいな」 「もしあんたが悪魔を呼んだら、どんな願い事をする?」 …

no image

最期の修学旅行

その日僕は同窓会に行きました みんなのムードメーカーのA 頭がよくてわからない問題を教えてくれたB クラスのマドンナでみんなに憧れられてたC 僕はまたこの愉快なメンバーと騒げることに幸せを感じました …

no image

香水の匂い

いや〜、駅はいっぱい人が来るからさまざまな人が便所を利用するもんだw ある日、背の高い女性が入ってきて来たんだ。 そりゃまた香水の匂いがきつくてねw 個室からでた後、鏡見て、念入りに化粧して顔を直して …