意味がわかると怖い話

最期の修学旅行

投稿日:

その日僕は同窓会に行きました

みんなのムードメーカーのA

頭がよくてわからない問題を教えてくれたB

クラスのマドンナでみんなに憧れられてたC

僕はまたこの愉快なメンバーと騒げることに幸せを感じました

わいわいがやがやと思い出を語っているうちについに最期の修学旅行の話になりました

飛行機の中すごかったよな? だってファーストクラスだぜwww

そんな事を話しているといきなり空気が変わりました

なんだと思ってみてみると木曽が・・・木曽?木曽がなぜここに

さっきまで馬鹿騒ぎしていたAもBもCもクラスの皆もそして私もおびえました

木曽は一人ひとりの席の前に行き、水をかけて回っています

木曽が私の前に来たとき思わず叫んでしまいました

「お前はあのときいなかった お前はこの世にいないはずだ」

-意味がわかると怖い話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

国民年金

ドンドン 俺はボリボリ頭をかき、眠り眼のまま玄関先に向かう 不快感を露にしながらドアを開けるとそこには 黒縁眼鏡にペッタリとしたポマード臭漂う七三に分けた男が立っていた  面識はない 新聞の勧誘か す …

no image

素敵なサービス

今日は楽しかったわ。 今まであまり楽しい事はなかった私。 けど偶然見つけた中華料理店に入ったら注文を取りに来たおばちゃんがこう言うのよ。 『地域応援の限定のサービスがあるのよ。』 聞けばこの店から徒歩 …

no image

女が私の髪を掴んでいる

女が私の髪を掴んでいる。 わたしの肌の皮を刃物で取り除く。 痛い、痛い、やめて 女の手は止まらない。 私の皮をすっかり剥いだ。 そして私の体をバラバラに切る。 私の顔を尖った刃物がいっぱいついた。 も …

no image

自殺の森

一月ぐらい前の話し、知り合いと、自殺で有名な深い森に行った。 日付が変わる時、森を散策して居たとき、 一台のホロ付き2屯トラックが駐車場に入って来た。 しかも地元Noでは無く関西地方のNo、 荷台から …

no image

三つ目の願い

あるところに、とても物知りの若者がいた。ある男が彼に質問した。 「なあ、悪魔を呼び出せば3つの願いをかなえてくれるんだろう?」 「そうらしいな」 「もしあんたが悪魔を呼んだら、どんな願い事をする?」 …