意味がわかると怖い話

素敵なサービス

投稿日:

今日は楽しかったわ。

今まであまり楽しい事はなかった私。

けど偶然見つけた中華料理店に入ったら注文を取りに来たおばちゃんがこう言うのよ。

『地域応援の限定のサービスがあるのよ。』

聞けばこの店から徒歩で20分以内に住んでるお客さんには普段の半額以下で食事ができると。

さらに一人暮らしで頑張ってる人には素敵なサービスがあると言う。

私にぴったりのこんなチャンス逃す手はない。

全て正直に告げ、身分証明書も確認してもらいいざ注文、

中華丼と餃子を頼むことしばし

注文した物の他に春巻と鳥の唐揚げが運ばれてきた。

驚いている私におばちゃんは。

『サービスよ、他に客もいないしゆっくり食べればいいよ。』

と優しく言ってくれた。

料理はどれもおいしく自分でも驚くほど早く食べ終わってしまった。

サービスに甘えて長居は無用と席を立とうとするとおばちゃんが慌てたような驚いたような顔で

『あれまあもう食べちゃったのかい。ちょっとこれでも飲んで待っててね、今お土産を作らせるからね』

と、お酒の用意をしてくれた。

しかもお土産ができるまでおばちゃんが酒の相手をしてくれ私の愚痴や悩みを優しく聞いてくれた。

いつの間にか涙を滲ませながら私は時間も忘れおばちゃんに話しを聞いて貰っていた。

気が付くともう閉店時間は過ぎていたのか厨房には誰もいなく、お土産はとっくに出来ていた様子。

好意に甘え過ぎた非礼を詫び、今度こそ席を立ち破格の会計を済まし、

こんなに楽しかったのは久しぶりだった旨とお礼を述べると

『実は今日で店仕舞いなの。最後の最後にこんな嬉し事があるとはこちらこそありがとう。』

と、おばちゃんは本当に嬉しそうに言ってくれた。

そう、今日は本当に楽しかった。

鍵のかかっていない玄関のドアを開けるまでは。

-意味がわかると怖い話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

最期の修学旅行

その日僕は同窓会に行きました みんなのムードメーカーのA 頭がよくてわからない問題を教えてくれたB クラスのマドンナでみんなに憧れられてたC 僕はまたこの愉快なメンバーと騒げることに幸せを感じました …

no image

国民年金

ドンドン 俺はボリボリ頭をかき、眠り眼のまま玄関先に向かう 不快感を露にしながらドアを開けるとそこには 黒縁眼鏡にペッタリとしたポマード臭漂う七三に分けた男が立っていた  面識はない 新聞の勧誘か す …

no image

自殺の森

一月ぐらい前の話し、知り合いと、自殺で有名な深い森に行った。 日付が変わる時、森を散策して居たとき、 一台のホロ付き2屯トラックが駐車場に入って来た。 しかも地元Noでは無く関西地方のNo、 荷台から …

no image

心を読む薬

私は学者である。 現在朝の4時、私は叫ばずにはいられなかった。 毎日毎日研究を重ねやっと作り上げた。 相手の心を読むことのできる薬を。 今までいくつも発明してきたが中でもこれはとても素晴らしい出来だ。 …

no image

嫉妬心が強い妻

長年連れ添ってきた彼女と、ついに結婚することになった。 彼女は嫉妬心が強い子で、他の女の子と話をするだけですぐに不機嫌になるんだ。 でも、本人は浮気をまったくしないし、俺だけを愛してるって何度も言って …