初級

星がきれい

投稿日:

とある日、マイケルは恋人のフローレンスを誘い、星を見ることにした。

マ「星がきれいだね、フローレンス」 

フ「そうねマイケル。てゆうか、あなたってそんなに星が好きだったのね!」

マ「僕の頼みを聞いてくれるかい?」

フ「なぁに?マイケル?」

マ「僕は新しい星をもう一つ見たいんだけど・・・」

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

だるまの顔

これは、僕がまだ小学校の時にある知り合い(F君)から聞いた話です。 そのF君の家は、とても古い家で押し入れには、昔使っていた物や、使わなくなった物が散乱していました。 ある時その押し入れで大きめのだる …

村の掟

むかしある山奥に「五十人村」と呼ばれる村がありました その村の人口は、いつも五十人以上になることがありませんでした じつはその村には昔から人口が五十人以上になってはいけないというきびしい掟がありました …

読者の手紙

昔、某月刊少女漫画誌の読者の手紙を紹介するコーナーに書いてあった話。 その月のお題は『お母さん』で、みんなお母さんありがとう的な内容だった。 その中で一際目立っていたソレ。 『むかし、お母さんが死ねば …

金持ちの庭

ある金持ちの男が散歩をしていると道端で雑草を食べている小汚い男に出くわした。 「なぜ君は草なんか食べてるんだ?」 「貧しくて食料を買う金がないんです。」 「それは可哀想に。今からうちに来なさい。ご馳走 …

拉致監禁

「拉致監禁事件が酷い物になってきていますね。今回の被害者は無事生きて帰ってこれてよかった」 「そうだな。かなりの虐待を受けていたようだし心の傷の治療も時間がかかるだろうが、生きているだけ同じ所に監禁さ …