中級

忠犬

投稿日:

ばあちゃんの知人は三匹の犬飼っていた。

ある日ばあちゃんが知人宅を訪れると庭で孤独死していた知人と弱りきった一匹の犬を発見。

他の二匹は鎖に繋がれた首輪だけ残して逃走していた。

知人の死体の腐り具合から死後一ヶ月が経過していたそうだ。

死亡時刻は以前ばあちゃんが訪れた日時と一致していてその時の帰り際

三匹の犬に餌をやってる知人を目撃していてそれが生前最後の姿となった。

おそらく、ばあちゃんが帰り、餌をやり終わった直後に知人はその場に倒れたのだろう。

弱った犬はフゥ〜と鳴きながら横になる。

「ご主人様が死んでから一ヶ月間よく頑張ったねぇ〜」

ばあちゃんは慌てて犬に餌をやったが一切手をつけなかったそうだ。

よほど関心したのか今でもばあちゃんはこの忠犬の話をする。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

本当にごめんな

友「本当にごめんな」 俺「おいやめろって!」 友「妹が…妹が病気で…金がいるんだ…」 俺「大丈夫か?気をしっかり持てよ」 友「…ありがとう………」 俺「に…いや、10万でよかったら貸してやるよ」 友「 …

吊橋が倒壊

俺はど田舎に住んでいて 夜10時ごろに電灯も無い吊橋を渡って、 歩いて10分ぐらいのところにある タバコの自販機へ向かった。 タバコを買い終えると偶然音信不通だった友達に会い、 「久しぶり!」と20分 …

生まれつき目が見えない姫

とある王国に生まれつき目が見えない姫がいました。 さらに不幸なことに姫の顔は言葉では言い表せないくらい酷く醜かったのです。 不憫に思った王は姫が自分の顔を見ることができないのをいいことに 侍女や家来に …

no image

飴を下さい

ある夜、店じまいした飴屋の雨戸をたたく音がするので主人が出てみると、 青白い顔をして髪をボザボサに乱した若い女が 「飴を下さい」と一文銭を差し出した。 主人は怪しんだが、 女がいかにも悲しそうな小声で …

双子の姉妹

双子の幼女が誘拐された。 双子はガムテープで目と口を塞がれた。 犯人は姉の耳元でヘリウム声になり囁いた。 「抵抗したり逃げたら妹を殺すよ。」 さらに犯人は妹の耳元でヘリウム声になり囁いた。 「抵抗した …

PREV
渋滞
NEXT
妊娠