中級

忠犬

投稿日:

ばあちゃんの知人は三匹の犬飼っていた。

ある日ばあちゃんが知人宅を訪れると庭で孤独死していた知人と弱りきった一匹の犬を発見。

他の二匹は鎖に繋がれた首輪だけ残して逃走していた。

知人の死体の腐り具合から死後一ヶ月が経過していたそうだ。

死亡時刻は以前ばあちゃんが訪れた日時と一致していてその時の帰り際

三匹の犬に餌をやってる知人を目撃していてそれが生前最後の姿となった。

おそらく、ばあちゃんが帰り、餌をやり終わった直後に知人はその場に倒れたのだろう。

弱った犬はフゥ〜と鳴きながら横になる。

「ご主人様が死んでから一ヶ月間よく頑張ったねぇ〜」

ばあちゃんは慌てて犬に餌をやったが一切手をつけなかったそうだ。

よほど関心したのか今でもばあちゃんはこの忠犬の話をする。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

俺の車

俺とA君B君C君の4人は、いつも一緒で、 あの日も俺の車に乗って、皆で出かけたのだ。 A「もう動いても平気なのかよ?」 B「うん、ただの捻挫だから、外出して良いってよ。」 俺「車はグチャグチャの全損だ …

no image

マンション

会社までの徒歩通勤時に取り壊し予定の無人マンションの近くを通るのだが、 そこは飛び降り自殺が多く、自殺者の霊の目撃情報も多い曰くつきマンション。 周りに街灯も少ないし夜はかなり不気味で怖い。 この間残 …

no image

ビデオの録画

一人暮らしをしている大学生の男がいた。 男が住んでいるのはごく普通のアパートだが、たまにおかしなことが起こった。 大学から帰ってくるとカーテンの形やゴミ箱の位置などが微妙に変わっている気がするのだ。 …

夜道を一人で歩いていた

深夜0:00、ようやくバイトが終わった。 一人夜道を歩いていると、 後ろから「よぉ!」と言う声が。  振り返ると茶髪の男が笑顔で立っていた。  え?誰?と思っていると、  前から「あれ、お前何やってん …

白いワンピースの女

夏の人ごみってうっとうしいよな。蒸れるし暑いし。 今日も、仕事で疲れてるとこに帰宅ラッシュの電車でダメージ受けて、 うんざりしながらマンションに帰ってきたんだよ。 エレベーターを待ってたのは、 おばさ …

PREV
渋滞
NEXT
妊娠