初級

元彼

投稿日:

元彼はとにかく束縛がひどかった。

あたしが友達に送るメールの内容とかも、逐一確認してきた。

それが原因で別れて、今は違う人と付き合ってる。

でも、いまだに元彼が家の前に待ち伏せてたり、あたしの後を付けてきたりする。

今もその元彼があたしの家の近くの喫茶店にいるって、友達から連絡が入った。

あたしが出かけるのを見張ってるみたい。

それを彼氏に相談したら、ちょっとその喫茶店で話を付けてくるって。

心配だけど、しっかりして頼りになる彼だから上手く話を付けてくれるかなって待ってた。

そしたらしばらくして、彼からメールが来た。

——

いやー遅くなってごめん。

まあ上手く話がまとまったよ。

すごくお前に会いたかったみたいで、

グッと堪えて家には行かなかったんだって。

とりあえずお前が嫌がってるってことは伝えた。

思ったよりすんなり理解してくれたよ。

悔しいけどもうお前のことは諦めるってさ。

変なヤツだけど悪い人じゃないんだなってのは分かった。

二十分ぐらいしか話してないけど、

劇的に改心したっぽい。

なんかお前に謝りたいんだって。

さすがにもう変なことはしないと思うから、

今から一緒にそっち行くよ〜。

——

・・・よかった、上手く話を付けてくれたみたい。

あたしはホッとして、彼が来るのを待った。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

教師という仕事

私は教師という仕事にやりがいを感じている。 教師になってかれこれ33年になるが、この仕事は人を救うことができるのだ。 教師になって10年が経った頃、私の人生の転機となる事件が起きた。 その事件とは教え …

村の掟

むかしある山奥に「五十人村」と呼ばれる村がありました その村の人口は、いつも五十人以上になることがありませんでした じつはその村には昔から人口が五十人以上になってはいけないというきびしい掟がありました …

明日はどこへ

昨日俺は山へ脚を運んだ 今日俺は海へ脚を運んだ 明日はどこへ運ぼうか 俺は頭を抱えた

遺影

2年くらい前の実話です。 ある日親戚の集りで父の実家に行った 従兄弟2人が何も言わずにズラッと並んでる遺影を眺めていた 2人とも少し暗い遺影眺めて口々に 『ねぇ、この写真違う人が入ってるよ』 と言いま …

二組の客

千葉の房総にあるホテルに家族と親戚で行く事になった。 夏休みって事もあってホテルに着くとけっこうな数の車が止まってた。 そこまで大したホテルじゃないのに人気あるんだなって思って従業員に宿泊客数を聞いた …