初級

元彼

投稿日:

元彼はとにかく束縛がひどかった。

あたしが友達に送るメールの内容とかも、逐一確認してきた。

それが原因で別れて、今は違う人と付き合ってる。

でも、いまだに元彼が家の前に待ち伏せてたり、あたしの後を付けてきたりする。

今もその元彼があたしの家の近くの喫茶店にいるって、友達から連絡が入った。

あたしが出かけるのを見張ってるみたい。

それを彼氏に相談したら、ちょっとその喫茶店で話を付けてくるって。

心配だけど、しっかりして頼りになる彼だから上手く話を付けてくれるかなって待ってた。

そしたらしばらくして、彼からメールが来た。

——

いやー遅くなってごめん。

まあ上手く話がまとまったよ。

すごくお前に会いたかったみたいで、

グッと堪えて家には行かなかったんだって。

とりあえずお前が嫌がってるってことは伝えた。

思ったよりすんなり理解してくれたよ。

悔しいけどもうお前のことは諦めるってさ。

変なヤツだけど悪い人じゃないんだなってのは分かった。

二十分ぐらいしか話してないけど、

劇的に改心したっぽい。

なんかお前に謝りたいんだって。

さすがにもう変なことはしないと思うから、

今から一緒にそっち行くよ〜。

——

・・・よかった、上手く話を付けてくれたみたい。

あたしはホッとして、彼が来るのを待った。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

潔癖症

潔癖症の男がいた。 ある日男は椅子の上に立ち、上から部屋を見渡していた。 普段見えない場所にかなり埃がが溜まっていた。 冷蔵庫の上 蛍光灯の傘の上 「今は掃除しなくていいか」 そう言って男は椅子から降 …

小さな男の子

だいぶ前に何かで読んだ、小学校に上がる前の小さな男の子の話です。 その子が通っていた幼稚園で乗り物をテーマに絵を描くことがあり、 子供達はそれぞれ船とか飛行機とか車とか絵を描きました。 だいたい小さい …

二十歳の誕生日

俺の二十歳の誕生日に、彼女がお祝いをしたいというので待ち合わせ場所に行った。 なぜかいつもと違う、静かな山道の入口付近が待ち合わせ場所だった。 確か、心霊スポットとしても有名な山道だったように思う。 …

no image

変な光景

「お待たせ。…あれ、どうしたの?」 「うん、ちょっと腱鞘炎ぎみなのよ、最近。」 「ふうん。仕事じゃ、しょうがないよね。 そうだ、さっき変な光景を見たよ。」 「どんな?」 「駅前に一人の男が立ってたんだ …

道路標識

道路標識の「!」  あれは「その他の危険」 の意味だけど、なんだかおかしいと思いません?  「その他」って何?  それにだいたいは「!」の下に  「倒木注意」とか「路肩注意」とか「波浪注意」とか  具 …