珍問

彼女

投稿日:

俺はどうしようもなく彼女にひかれていた…繰り返し…思いだす、彼女との思い出。

初めて告白した時のはにかんだ笑顔、夜景を見に行って指輪を渡した時は、涙を流して、喜んだっけ。

7年間の思い出が頭を駆け巡る。

だけど俺は彼女を裏切ってしまった。野心に負けて、社長の娘を選んだんだ。

彼女は思い出の場所に俺を呼び出した。

俺は、本当は彼女を一番愛してると伝えたかったけど、もはや何も言えなかった。

彼女は、 泣いてるような笑ってるような顔で、

「あなたと幸せになりたかった。でももうておくれだしね!」

そういい残すと車を走らせた。

彼女の去った後は怖いくらいの静寂が訪れた。

俺は結局、どちらとも結婚しなかった。

-珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

三人の友達

俺はいつも三人の友達とふしぎな遊びばかりしてた。宇宙ごっことか心霊の遊びとか。 北斗七星を見ては宇宙にお前らと一緒に存在してることに感動したりしたよな。 海へ遊びに行くときには、たらふくイカ焼き4人前 …

お母さん、みっけ

AVレンタルしようとAVコーナーに入って物色してたら、小さな4歳ぐらいの男の子が一人で入ってきた。 どうやらお母さんを探してるらしく、何度も「お母さ〜ん、どこ〜?」と言っていた。 『いやいや、お母さん …

みんな寝たまま

ある村で少女が言った。 「大変、みんな寝たままなの。」 確かに周囲の民家を調べてみると、村人全員まだ昼間だというのに寝ていた。 老若男女村人全員が寝ているのだ。不思議に思った私は少女に尋ねた。 「何で …

一人暮らし

反対していた両親を押し切って、今日から一人暮らし。 一人で起き、朝食を食べ、ゴミを出して支度を整えた。 憧れの一人暮らしを実現できたことで私は満ち足りていた。 家に鍵をかけ、毎朝花に水をやっている近所 …

肝試し

部活の合宿で肝試しやったんだよ。 一番上、4階の音楽室の前に花を置いてくるだけ。 ちゃんと一番上まで昇って花を置いて4階分の階段を下りて戻ってきたさ。 でもさ、みんな戻ってきた後に確認したら、一輪だけ …

PREV
病院
NEXT
斑点