珍問

彼女

投稿日:

俺はどうしようもなく彼女にひかれていた…繰り返し…思いだす、彼女との思い出。

初めて告白した時のはにかんだ笑顔、夜景を見に行って指輪を渡した時は、涙を流して、喜んだっけ。

7年間の思い出が頭を駆け巡る。

だけど俺は彼女を裏切ってしまった。野心に負けて、社長の娘を選んだんだ。

彼女は思い出の場所に俺を呼び出した。

俺は、本当は彼女を一番愛してると伝えたかったけど、もはや何も言えなかった。

彼女は、 泣いてるような笑ってるような顔で、

「あなたと幸せになりたかった。でももうておくれだしね!」

そういい残すと車を走らせた。

彼女の去った後は怖いくらいの静寂が訪れた。

俺は結局、どちらとも結婚しなかった。

-珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

かぶとむし

会社から帰宅してきてポストを開けると、紙切れが一枚入っていた。 そこには殴り書きの汚い字で何か書かれていた 文字はかすれていたが、何とか判読する事が出来た。 「か ぶ と む し」 …?? 意味がさっ …

追いかけてきた男

深夜にコンビニに行く途中で男に追いかけられた 男は「傷…傷…」っていいながら追いかけてきた 必死に逃げる俺に男は「痛…痛…」っていいながら追いかけてきた さらに必死に逃げる俺に男は「ラシ…ラシ…」って …

彼女からの手紙

昨日彼女に浮気がばれた。 夕方仕事から帰ると郵便受けに彼女からの手紙が入っていた。 まじいをこっにくこんてはかろやて家らしきねで9にみ なんだこの手紙は ビンゴのように等間隔に書かれている。 晩飯を食 …

no image

山小屋 その2

1人の男が、雪山で遭難した時のことだ。 あてもなく歩きつづけていた男は、やがて猛吹雪の中で1軒の山小屋を見つける。 男は荒れ狂う吹雪から身を守るために、山小屋の中へと入っていった。 ところが、その山小 …

みんな寝たまま

ある村で少女が言った。 「大変、みんな寝たままなの。」 確かに周囲の民家を調べてみると、村人全員まだ昼間だというのに寝ていた。 老若男女村人全員が寝ているのだ。不思議に思った私は少女に尋ねた。 「何で …

PREV
病院
NEXT
斑点