初級

白いワンピースの女

投稿日:

「日本人は女の霊を怖がるから和製ホラーの主役は女の霊が多いんだ」

とネットで読んだウンチクを話した。

姉貴はあんまり興味無さそうに「ふーん」と言った。

数日後、俺が学校から帰ってくると居間の窓から白いワンピースを着た女の姿が見えた。

顔は判別できなかったけど俺はああ姉貴帰ってきてんのかと思って家の中に入るが靴が無い。
おかしいなと思って居間を覗くが姉貴の姿は無かった。
部屋にもいない。

家中探したけれど姉貴は見つからなくて、気味悪いと思いながらも俺はとりあえず自分の部屋に戻った。

制服の上着を脱いでクローゼットにかけようと近づいた瞬間、いきなりクローゼットが開いて「ばあっ」と言いながら姉貴が飛び出してきた。

びっくりして尻もちついちまってる俺を勝ち誇った様に見つめながら、

「怖かった?あはははは」って笑いやがった。

畜生この前の俺の話に触発されてやったに違いない。

興味無さそうなフリしてたクセに!

「でも何で着替えたんだよ?さっきのワンピースの方が良かったと思うけど」

姉貴がワンピースからセーターとジーンズに着替えていたのが気になったから尋ねてみたが姉貴は知らないと最後までしらばっくれてた。

———そんな姉貴との思い出を振り返りながら俺は姉貴の部屋を見渡す。

姉貴はその年の冬に交通事故で突然この世を去った。

一見クールだが、あんないたずらをする茶目っけも持ち合わせていた

可愛い姉貴は、もういない。

でも俺は知っている。姉貴が今も俺達を見守ってくれていることを。

面と向かって現れたりはしないがちらちらと姿を見せては存在を知らせてくれる。

あの日と同じ白いワンピースを着て。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

足はいらんかね

ある日の放課後、 下校途中の男の子が奇妙な老婆が話しかけられた。 「足はいらんかねー、足はいらんかねー」 男の子は無視して通り過ぎようとするが、 老婆は思ったよりもしつこく 「足はいらんか〜足はいらん …

壁の穴

ある地方の女子高生が東京の大学に進学が決まり、東京に一人暮らしする事になりました。 とあるマンションで生活を始めているうちに、ある日部屋に小さな穴があいているのに気づきました。 その穴は隣の部屋に続い …

肝試し

夜、皆集まったのを確認してから近所の廃墟に向かった。 しばらく探索したが一向にお化けが出てくるどころか怖い事が起こらない。 もう帰るか、ってなった時に急に友達の一人が叫びだした。 見ると、 「眼鏡ぇ、 …

no image

幽霊怖い

恐怖映像見てる途中、閉めていた襖がガタ、ガタと少し揺れたので 誰か帰ったのかと襖を開けたのだが、誰もいない。 俺は叫んだ。 「脅かすんじゃねえよもォォ!違う幽霊かとか思ってビビッちまっただろうがァァ! …

救いの薬草

母親と二人暮らしの少年がいました。 ある日母親が病気で倒れてしまいました。 少年は一生懸命看病しました。 医者はもって1年だろうと言いました。 少年は母親を助けたくて色々な人に話を訊きました。 とある …