中級

都市伝説

投稿日:

「すいません、○○温泉まで」

「…お客さん、そこ数年前から営業してませんが…」

「いいんです、お願いします」

Aはそう言ってタクシーに乗り込んだ。

そして道中、運転手にその場所に向かう理由を話すことにした。

「ここ最近あの廃墟となった温泉地に関する都市伝説が盛り上がってましてね。」

「はあ、そうなんですか。」

「内容はというと、実はものすごく平凡なんですね。

きもだめしに行ったら見知らぬ女が旅館から手を振っていたとか、まあそんなもんです。

ただ、おかしい点が一つある。それはそういった都市伝説が聞かれるようになった時期です。」

「時期?」

「そう。複数あるそれらの都市伝説は実はある時期から同時多発的に聞かれるようになったんですよ。」

「はあ。」

多分に恣意的に。少なくともある種の意思が感じられた訳です。

それに興味がわきましてね、夜中に行くのはまあさすがに怖いんでこの時間なんですけどね(笑)」

「…暗いと何もわかったもんじゃないですからね。」

「ええ、そういうことです。」

「…お客さん、妖怪とか怪談といったものの意義に関して考えたことはおありですか?」

「はい?」

「いえ…着きましたよ。5,200円になります。」

Aはお金を払い、バックからカメラを取出すと鼻歌交じりに車外に出て行った。

ドアが閉まる瞬間、運転手は小さな声でこう呟いた。

「今月で、6人目なんですよ。その話聞いたの。」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

雑居ビルのエレベーター

運送会社の配達員をしていた頃の話。いつも通り昼間の配達に回っていた。 それは繁華街の路地裏にある、築うん十年も経ってるであろう 古くて人気もない雑居ビルに行った時のこと。 真夏だったし割と上階へ登らな …

占い

昨日、ツーリング仲間と出発前に占い師の店にいったんだよ。 俺はそういうの信じてないんだけどね。 したら占い師がいうには 「あなたは心臓が止まって死ぬね」 って言われてるだよ。 そんなの当たり前ジャン! …

no image

銭湯

今日、銭湯に行って髪を洗ってたら 一つ開いた隣の席のおっさんが、ずっと歯を磨いてたw 俺は身体を洗って、風呂に入って、また髪を洗うために シャワーのとこに座ったら、おっさん、まだ歯を磨いてたw 俺はそ …

no image

腹部の腫瘍

医学部時代の友人から連絡がきた。 「恋人の腹部に腫瘍ができてしまったんだ。すぐ手術すればいいのに嫌がって、やっと説得したんだがもう普通の病院では手遅れだ」 「それは気の毒だな」 「そこでお前に手術して …

光るパズル

最近一人暮らしするようになって、 部屋のインテリアとして、パズルを飾ることにしたんだよ。 光を浴びて、暗くなると光るってやつで、その光が儚くていいんよね。 この前も夜帰ってきたら、そのパズルが淡く光っ …