中級

都市伝説

投稿日:

「すいません、○○温泉まで」

「…お客さん、そこ数年前から営業してませんが…」

「いいんです、お願いします」

Aはそう言ってタクシーに乗り込んだ。

そして道中、運転手にその場所に向かう理由を話すことにした。

「ここ最近あの廃墟となった温泉地に関する都市伝説が盛り上がってましてね。」

「はあ、そうなんですか。」

「内容はというと、実はものすごく平凡なんですね。

きもだめしに行ったら見知らぬ女が旅館から手を振っていたとか、まあそんなもんです。

ただ、おかしい点が一つある。それはそういった都市伝説が聞かれるようになった時期です。」

「時期?」

「そう。複数あるそれらの都市伝説は実はある時期から同時多発的に聞かれるようになったんですよ。」

「はあ。」

多分に恣意的に。少なくともある種の意思が感じられた訳です。

それに興味がわきましてね、夜中に行くのはまあさすがに怖いんでこの時間なんですけどね(笑)」

「…暗いと何もわかったもんじゃないですからね。」

「ええ、そういうことです。」

「…お客さん、妖怪とか怪談といったものの意義に関して考えたことはおありですか?」

「はい?」

「いえ…着きましたよ。5,200円になります。」

Aはお金を払い、バックからカメラを取出すと鼻歌交じりに車外に出て行った。

ドアが閉まる瞬間、運転手は小さな声でこう呟いた。

「今月で、6人目なんですよ。その話聞いたの。」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

濃厚ピーチ

ある日街をあるいてたら変な自販機をみつけたの。 普通の自販機の1.5倍くらいあるくせに、売ってるジュースは二つ。 ジュース名は『濃厚ピーチ』と『ほんわかグレープ』。 100円で安かったし、ちょうど喉も …

土間の縁側の下

タクシー運転手の奥さんが、  まだ五才になったばかりの子を残して亡くなった。  父親は仕事ででかけている時間が長く、  そのあいだ隣の家に子どもを預けていたのだけれど、  深夜になっても帰ってこないの …

コタツ

あなたは知らない人2人と大切な人1人、猫2匹と共に コタツに入っています。 玄関でインターホンが鳴りました。 知らない人1人が玄関に向かいました。 玄関で物音がしました。 知らない人もう1人が玄関に向 …

運び屋

俺は昔運び屋をやっていた。 だからオートバイで高速を利用するのが日課になっていた。 今日も荷物を届けるために高速に乗り目的地に向かう。 しばらく走ったところで斜線変えてきた車に接触した。 一瞬バランス …

鍵がない

バイトから帰ってきたら鍵がないことに気づいた マジやばい。 どうしよ~、もう夜中の2時だし管理人さんも寝てるだろうな でも合い鍵作ってないから、あれがないと入れないしな どっかで落としたのかな~、でも …