初級

二十歳の誕生日

投稿日:

俺の二十歳の誕生日に、彼女がお祝いをしたいというので待ち合わせ場所に行った。

なぜかいつもと違う、静かな山道の入口付近が待ち合わせ場所だった。

確か、心霊スポットとしても有名な山道だったように思う。

車を止め、彼女の到着を待っていると知らないアドレスからメールが来た。

件名はなく本文には「はやく出て行け」という一文のみ。

唖然としていると、立て続けにまた違うアドレスからメール。

今度は「たすけて」と書かれている。

驚いている間にも、違うアドレスからどんどんメールが来る。

「ちがう私じゃない」「お前がやったのか」「めちゃくちゃにしてやる」「でていけ」「殺してやる」「とまれ」「うせろ」

わけが分からず震えていると、彼女から着信があった。

すがる思いで電話を取ると、電話口から声がした。

「ドッキリメール大成功!!ハ・タ・チ・お・め・で・と・う!」

はぁ?とポカーンとしていると、彼女が続けた。

「ビックリした?さっきのメールは全部私でした〜。メールにこめたメッセージに気づいてくれたかな?」

彼女が言うには、複数のフリーメールを駆使して二十歳の誕生日を祝うドッキリ企画を考えていたとのこと。

「そこ電波悪いね。山のふもとにいるから、降りてきて合流しよう!」

彼女はそういって電話を切った。

祝ってくれるのは嬉しいが、本気で怖かった。

まったく、忘れられない誕生日になった。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

車での帰り道

友人と車でスキーに行った帰り道、  ちょっとした会話の隙間に俺は寝てしまったようだ。  激しく揺さぶられ目が覚めた。  ああ、いつの間にか寝ちゃったのか…  目覚ましの音が鳴り続けてると思ったら車のク …

山小屋の老婆

山で迷って、歩いている中、山小屋を見つけた。 実は行方不明になった子供たちを捜して山で迷ってしまったのだが・・。 小屋にはひとりの老婆が住んでおり「年なのでもう何年も小屋から出ていない」という。 老婆 …

凶器

近ごろの警察はなにやってるんだろうね。 血税でで食わせてもらってるくせに、ろくな働きしねぇんだからとんだ穀潰しだ。 先週、職場の近くで殺人事件があったんだよ。 若い女をアイスピックでめった刺し。しかも …

白いワンピースの女

「日本人は女の霊を怖がるから和製ホラーの主役は女の霊が多いんだ」 とネットで読んだウンチクを話した。 姉貴はあんまり興味無さそうに「ふーん」と言った。 数日後、俺が学校から帰ってくると居間の窓から白い …

けっこうもてる

俺は、自分で言うのもなんだけどけっこうもてる。 本命の彼女はいないけど、ヤるだけの女はいるし1回ヤってさよならなんてのもよくある。 今日も合コンでおもちかえり成功。 金ないし俺のアパートへ。 でも、入 …