初級

二十歳の誕生日

投稿日:

俺の二十歳の誕生日に、彼女がお祝いをしたいというので待ち合わせ場所に行った。

なぜかいつもと違う、静かな山道の入口付近が待ち合わせ場所だった。

確か、心霊スポットとしても有名な山道だったように思う。

車を止め、彼女の到着を待っていると知らないアドレスからメールが来た。

件名はなく本文には「はやく出て行け」という一文のみ。

唖然としていると、立て続けにまた違うアドレスからメール。

今度は「たすけて」と書かれている。

驚いている間にも、違うアドレスからどんどんメールが来る。

「ちがう私じゃない」「お前がやったのか」「めちゃくちゃにしてやる」「でていけ」「殺してやる」「とまれ」「うせろ」

わけが分からず震えていると、彼女から着信があった。

すがる思いで電話を取ると、電話口から声がした。

「ドッキリメール大成功!!ハ・タ・チ・お・め・で・と・う!」

はぁ?とポカーンとしていると、彼女が続けた。

「ビックリした?さっきのメールは全部私でした〜。メールにこめたメッセージに気づいてくれたかな?」

彼女が言うには、複数のフリーメールを駆使して二十歳の誕生日を祝うドッキリ企画を考えていたとのこと。

「そこ電波悪いね。山のふもとにいるから、降りてきて合流しよう!」

彼女はそういって電話を切った。

祝ってくれるのは嬉しいが、本気で怖かった。

まったく、忘れられない誕生日になった。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

仲が良いと評判の家族

とあるマンションの一室に、仲が良いと評判の家族が住んでいた。 しかしある日、夫婦は些細なことで喧嘩を始めた。  恐くなった娘は、思わず外へ飛び出した。  娘がいなくなったことに気づいた夫婦は、深く後悔 …

写真屋さん

まぁ、世の中には色々なマニアがいるものだ そんな事を思ったのと同時に恐怖を感じた事がある あれは俺が小学校高学年の頃だったから今から10年位前かな 近所に「写真屋さん」って呼ばれてる50歳代と思しきオ …

no image

静かな時計

日曜日、新しい時計を買ったんだ。 秒針の音が鳴らない静かな時計、って奴で 家に帰って早速寝室に取り付けてみたらマジで静か。 これで寝る時も静かに寝られる!って上機嫌になって、 普段はあんま見ない時間帯 …

簡単なお仕事

僕たちはある家族の元で仕事をしてるんだ。 仕事っていうのはただ食べ物を食べるだけ。 凄く簡単でしょ? でもそのせいか、結構太ってきたのが最近の悩み(笑)。 1つだけ気になってることがあって、 時々僕た …

山小屋 その1

ある雪山で猛吹雪の中、4人が遭難した。 このままでは確実に死ぬ・・・そう皆が考えていた先、山小屋が見付かる。 息も絶え絶えに小屋になだれ込む4人。 しかし、その山小屋には暖房施設がなく、あるのは非常用 …