初級

二十歳の誕生日

投稿日:

俺の二十歳の誕生日に、彼女がお祝いをしたいというので待ち合わせ場所に行った。

なぜかいつもと違う、静かな山道の入口付近が待ち合わせ場所だった。

確か、心霊スポットとしても有名な山道だったように思う。

車を止め、彼女の到着を待っていると知らないアドレスからメールが来た。

件名はなく本文には「はやく出て行け」という一文のみ。

唖然としていると、立て続けにまた違うアドレスからメール。

今度は「たすけて」と書かれている。

驚いている間にも、違うアドレスからどんどんメールが来る。

「ちがう私じゃない」「お前がやったのか」「めちゃくちゃにしてやる」「でていけ」「殺してやる」「とまれ」「うせろ」

わけが分からず震えていると、彼女から着信があった。

すがる思いで電話を取ると、電話口から声がした。

「ドッキリメール大成功!!ハ・タ・チ・お・め・で・と・う!」

はぁ?とポカーンとしていると、彼女が続けた。

「ビックリした?さっきのメールは全部私でした〜。メールにこめたメッセージに気づいてくれたかな?」

彼女が言うには、複数のフリーメールを駆使して二十歳の誕生日を祝うドッキリ企画を考えていたとのこと。

「そこ電波悪いね。山のふもとにいるから、降りてきて合流しよう!」

彼女はそういって電話を切った。

祝ってくれるのは嬉しいが、本気で怖かった。

まったく、忘れられない誕生日になった。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

朝の出来事

「どれだけ生きていたいか、好きなように言ってみなさい」 低く響き渡る神々しい声で問いかけられた。 100年か?いっそのこと永遠か? しかしいきなり聞かれても困ってしまう… 「さっさと起きて、ごはん食べ …

拉致監禁

「拉致監禁事件が酷い物になってきていますね。今回の被害者は無事生きて帰ってこれてよかった」 「そうだな。かなりの虐待を受けていたようだし心の傷の治療も時間がかかるだろうが、生きているだけ同じ所に監禁さ …

心の底から望んでいる願い

「どんな願いでもかなえてやろう。ただしひとつだけ、な」 と魔神は言った。 ひとつだけ、か……。 富。 いや、名声。 いや、美女。 いや、絶対権力。 いや、不老不死。 いや、世界平和。 いや、究極の快楽 …

no image

幽霊を乗せるタクシー

昨日夜遅くに会社に呼ばれた(クレームで) で、バスも電車もないので家までタクシー呼んだんだけど そのときの運ちゃんとの会話 運「昨日近所のレストランで刃物持った男が暴れて逃げたらしくて 僕らも注意する …

だるまの顔

これは、僕がまだ小学校の時にある知り合い(F君)から聞いた話です。 そのF君の家は、とても古い家で押し入れには、昔使っていた物や、使わなくなった物が散乱していました。 ある時その押し入れで大きめのだる …