初級

思春期

投稿日:

父と母が別居したのは、私が中学に入る頃。

別居した父は、隣町にある小さめのマンションを借りて一人暮らしを始めた。

別居の理由はわからない。

父のマンションは中学から歩いて行ける距離だったので、私は週に一度、たいていは金曜日に学校帰りの訪れて、そのまま父の部屋に一泊していた。

父のことは好きだったし、父が仕事から帰るまでの間、自由に一人で過ごせるのも魅力的だったからだ。母も止めはしなかった。

その日は創立記念日で中学は休校だった。

特に予定もなかったから、少し悪戯心が働いて、私は朝から父のマンションへ向かった。

朝から父の所に行くのは初めてで、ちょっとドキドキした。

鍵が空いてて、無用心だなと思いつつ中に入った。何故かいつもと雰囲気が違う。

朝だからだろうか。寝室を覗くと差し込む日差しが眩しくて、よく見えない。

見知らぬ下着姿の女が父のベッドで眠っていた。

誰、この女の人。まさか、父の不倫相手?。信じられなかった。

別居の理由はこの女かもしれない。きっとそうだ。

パニックになった私は、近くにあった重い灰皿で女の頭を何度も殴った。

汚らわしくして耐えられなかった。女はすぐに動かなくなった。

我に返り、怖くなった私は逃げ出した。

それから父の元へは行かなくなった。父が犯人となり逮捕されるかもと思ったが、不倫する父など逮捕されればいいとも思った。

怖くてニュースは見られなかった。怯え続けて数か月、母から父が寂しがっているから一緒に会いに行こうと言われた。迷ったけれど、やっぱりあの女の事が気になり、母と一緒に父の部屋に行った。

父は以前と変わらず、元気そうだった。

もしかしたら、あの日のことは夢だったのかもしれないと思った。

そろそろ帰るかという頃、覗きこんだ寝室に射し込む夕日を見て、私は、とんでもない事をしてしまったことに気が付いた。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アマガエル

俺の姉は車通勤なんだけど、いつも近道として通る市道がある。 それは河沿いの、両脇が草むらになってる細い道なんだけど 田舎に住む人ならわかると思うけど、そういう道って 夏の雨が降った時とか、アマガエルが …

スズキ

僕の地方では、「スズキ」と言う都市伝説が有名です。 スズキは、手には電話(携帯などではなく、家庭用の固定電話。コードなどには繋がっていない)を持っていて、 パタパタと走り回っている謎の男です。 そのス …

肉を全て

「ここにある肉を全て食べないと罰として貴方を殺します」 密室の中に響く無機質な声。 何を馬鹿なと言いたいが相手が真剣な事は周りの死体が物語っている。 俺は巨大な皿に山盛りの肉を見て思う。 残念だが俺は …

教師という仕事

私は教師という仕事にやりがいを感じている。 教師になってかれこれ33年になるが、この仕事は人を救うことができるのだ。 教師になって10年が経った頃、私の人生の転機となる事件が起きた。 その事件とは教え …

木箱に監禁

少年時代からとても仲がいい二人の若者がいた。 AとBと言うことにする 二人で会社を起こし、順風満帆だったが、AはBを裏切った。 多額の借金を背負わされ、苦しんでいた。 Aは結婚し、子供も産まれ幸せに過 …