初級

思春期

投稿日:

父と母が別居したのは、私が中学に入る頃。

別居した父は、隣町にある小さめのマンションを借りて一人暮らしを始めた。

別居の理由はわからない。

父のマンションは中学から歩いて行ける距離だったので、私は週に一度、たいていは金曜日に学校帰りの訪れて、そのまま父の部屋に一泊していた。

父のことは好きだったし、父が仕事から帰るまでの間、自由に一人で過ごせるのも魅力的だったからだ。母も止めはしなかった。

その日は創立記念日で中学は休校だった。

特に予定もなかったから、少し悪戯心が働いて、私は朝から父のマンションへ向かった。

朝から父の所に行くのは初めてで、ちょっとドキドキした。

鍵が空いてて、無用心だなと思いつつ中に入った。何故かいつもと雰囲気が違う。

朝だからだろうか。寝室を覗くと差し込む日差しが眩しくて、よく見えない。

見知らぬ下着姿の女が父のベッドで眠っていた。

誰、この女の人。まさか、父の不倫相手?。信じられなかった。

別居の理由はこの女かもしれない。きっとそうだ。

パニックになった私は、近くにあった重い灰皿で女の頭を何度も殴った。

汚らわしくして耐えられなかった。女はすぐに動かなくなった。

我に返り、怖くなった私は逃げ出した。

それから父の元へは行かなくなった。父が犯人となり逮捕されるかもと思ったが、不倫する父など逮捕されればいいとも思った。

怖くてニュースは見られなかった。怯え続けて数か月、母から父が寂しがっているから一緒に会いに行こうと言われた。迷ったけれど、やっぱりあの女の事が気になり、母と一緒に父の部屋に行った。

父は以前と変わらず、元気そうだった。

もしかしたら、あの日のことは夢だったのかもしれないと思った。

そろそろ帰るかという頃、覗きこんだ寝室に射し込む夕日を見て、私は、とんでもない事をしてしまったことに気が付いた。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

電池交換

まだ小学校に上がる前の、ムシキング好きの男の子がいた。 ある日、その子が大切に育てていたカブトムシが死んでしまった。 男の子は動かなくなったカブトムシをじっと見ていたが、おもむろにカブトムシのお腹を引 …

次の電車

駅のホームで女友達とあった。 『どの電車?』 「次の電車」 『一緒だね』 彼女は電車に乗らなかった。 僕は一時間後に次の電車に乗った。

車での帰り道

友人と車でスキーに行った帰り道、  ちょっとした会話の隙間に俺は寝てしまったようだ。  激しく揺さぶられ目が覚めた。  ああ、いつの間にか寝ちゃったのか…  目覚ましの音が鳴り続けてると思ったら車のク …

no image

静かな時計

日曜日、新しい時計を買ったんだ。 秒針の音が鳴らない静かな時計、って奴で 家に帰って早速寝室に取り付けてみたらマジで静か。 これで寝る時も静かに寝られる!って上機嫌になって、 普段はあんま見ない時間帯 …

簡単なお仕事

僕たちはある家族の元で仕事をしてるんだ。 仕事っていうのはただ食べ物を食べるだけ。 凄く簡単でしょ? でもそのせいか、結構太ってきたのが最近の悩み(笑)。 1つだけ気になってることがあって、 時々僕た …