上級

宝石

投稿日:

ある所に、Aさんという女性がおりました。

Aさんはある日、鬱蒼とした森で、綺麗な宝石が売られていたのでつい、買ってしまいました。

ところが、その日からAさんは、具合が悪くなってしまいました。

何かがおかしいと感じたAさんは、その道に詳しいベテランに相談しました。

ベテランは言いました。

「それは例の迷惑な魔物が大事にしていた宝石だよ。それには呪いがかかってるんだ。所有者をどんどん不幸にして、あげくの果てには命を奪ってしまう、というとんでもない呪いだよ。」

「なんですって!早く、他人になすりつけなくては!」

Aさんは最悪なことを考えて、親友のBさんの家に急ぎました。

そして、Bさんと世間話しをしながら、Bさんが目をそらした隙に、こっそりタンスの奥にその宝石を忍ばせてきました。

…数日後。

Bさんは、タンスの中に見慣れない綺麗な石を見つけたので、きっとこれは綺麗なもの好きのCさんが忘れていったものだと勘違いし、

Cさんに合った際に、親切心から、Cさんの鞄の中に入れてきました。

さて、Cさんは鞄に見慣れない宝石が入っていたので、怖くて近所の川に捨てました。

………それからだいぶ経ちました。

結局、呪いをまともに受けたのは誰だったのでしょうか。

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

落ちる駅

終電車の中で眠ってしまい目を覚ますと、 見知らぬ女性が俺の肩に頭を乗せてもたれかかるように眠っていた。 見ると黒髪ロングでかなりかわいい。 貞子とかの不気味な黒髪じゃなく、綺麗な感じ。 正直言って悪い …

no image

不思議な自動販売機

ここに1台の自動販売機がある。 誰も通らないような、 民家の路地に設置された不思議な自動販売機である。 値段も不思議で、商品の全てが85円だった。 この自動販売機を使用したのは今までで4人だけだ。 最 …

嘘発見機

ある時、父さんが家にロボットを連れてきた。 そのロボットは特別で、ウソをついた人の顔をひっぱたくって言う物騒な代物らしい。 そんなある日…。 僕は学校から帰宅するのがかなり遅くなってしまった。すると父 …

12/15 さて、何を書くものか。 誰かに見せるわけでもないが、何となく最初は自己紹介。 両親を墜落事故で亡くした俺は去年から妹と二人暮らし…だったのだが、 その妹は今年の春から留学中。 帰ってくるの …

暗証番号

学生時代に住んでいたアパートの鍵はテンキーだったんだが、夜中の3時頃に部屋で漫画を読んでいたら突然ドアノブをがちゃがちゃする音が聞こえた。 ビビったけど鍵かけてるし大丈夫だと思っていたらピッピッと暗証 …