上級

宝石

投稿日:

ある所に、Aさんという女性がおりました。

Aさんはある日、鬱蒼とした森で、綺麗な宝石が売られていたのでつい、買ってしまいました。

ところが、その日からAさんは、具合が悪くなってしまいました。

何かがおかしいと感じたAさんは、その道に詳しいベテランに相談しました。

ベテランは言いました。

「それは例の迷惑な魔物が大事にしていた宝石だよ。それには呪いがかかってるんだ。所有者をどんどん不幸にして、あげくの果てには命を奪ってしまう、というとんでもない呪いだよ。」

「なんですって!早く、他人になすりつけなくては!」

Aさんは最悪なことを考えて、親友のBさんの家に急ぎました。

そして、Bさんと世間話しをしながら、Bさんが目をそらした隙に、こっそりタンスの奥にその宝石を忍ばせてきました。

…数日後。

Bさんは、タンスの中に見慣れない綺麗な石を見つけたので、きっとこれは綺麗なもの好きのCさんが忘れていったものだと勘違いし、

Cさんに合った際に、親切心から、Cさんの鞄の中に入れてきました。

さて、Cさんは鞄に見慣れない宝石が入っていたので、怖くて近所の川に捨てました。

………それからだいぶ経ちました。

結局、呪いをまともに受けたのは誰だったのでしょうか。

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

バスを降りなければ・・・

ある家族が妻の実家に遊びに行くために田舎までのバスに乗っていた。 山のふもとあたりまできたときに、子供が「おなかへった」とだだをこね始めたので、 しょうがなく途中のバス停で降りて近くの定食屋で食事をす …

みんな寝たまま

ある村で少女が言った。 「大変、みんな寝たままなの。」 確かに周囲の民家を調べてみると、村人全員まだ昼間だというのに寝ていた。 老若男女村人全員が寝ているのだ。不思議に思った私は少女に尋ねた。 「何で …

一家惨殺事件

ある地区で一家惨殺事件が起こった その家に住む両親とその息子が殺害されたようだ 妹(9)はちょうど出かけていてその悪の毒牙からは逃れれたらしい 警察が遺体を調べると父親がダイイングメッセージを残してい …

かぶとむし

会社から帰宅してきてポストを開けると、紙切れが一枚入っていた。 そこには殴り書きの汚い字で何か書かれていた 文字はかすれていたが、何とか判読する事が出来た。 「か ぶ と む し」 …?? 意味がさっ …

家族を消して

少女のところにお星さまが降り立ちました。 「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」 お星さまはいいました。 少女は泣いていました。 「家族を消してちょうだい!あんな家族、まっぴらよ!」 次の日、少女が目 …