上級

宝石

投稿日:

ある所に、Aさんという女性がおりました。

Aさんはある日、鬱蒼とした森で、綺麗な宝石が売られていたのでつい、買ってしまいました。

ところが、その日からAさんは、具合が悪くなってしまいました。

何かがおかしいと感じたAさんは、その道に詳しいベテランに相談しました。

ベテランは言いました。

「それは例の迷惑な魔物が大事にしていた宝石だよ。それには呪いがかかってるんだ。所有者をどんどん不幸にして、あげくの果てには命を奪ってしまう、というとんでもない呪いだよ。」

「なんですって!早く、他人になすりつけなくては!」

Aさんは最悪なことを考えて、親友のBさんの家に急ぎました。

そして、Bさんと世間話しをしながら、Bさんが目をそらした隙に、こっそりタンスの奥にその宝石を忍ばせてきました。

…数日後。

Bさんは、タンスの中に見慣れない綺麗な石を見つけたので、きっとこれは綺麗なもの好きのCさんが忘れていったものだと勘違いし、

Cさんに合った際に、親切心から、Cさんの鞄の中に入れてきました。

さて、Cさんは鞄に見慣れない宝石が入っていたので、怖くて近所の川に捨てました。

………それからだいぶ経ちました。

結局、呪いをまともに受けたのは誰だったのでしょうか。

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

霊感

Aは否定してるが実は霊が見える事を俺は知っている。 この前一緒に駅前を歩いていたら、反対側の踏切の前に老婆を背負ってる男がいた。 じっと俺たちを見ている。 踏切を渡ろうとした時、Aがぽつりとこう言った …

夜中の病院での出来事

とある病院での夜中の出来事。 記録室で書き物をしていたらひょっこりと部屋を覗く気配がした。○さん。 「どうしたの?○さん」 声を失う手術をした○さん、困ったように立っている。 「家に電話?何かあった? …

息子の妙な癖

俺の息子は、時々、(写真でも、画像でも)人の顔をじっと指さすという、妙な癖があった。 指をさされた人物が必ず3日以内に死ぬ、と言うことを知ったのは、つい最近のことだ。 今日も、テレビをつけようとしたと …

嘘発見機

ある時、父さんが家にロボットを連れてきた。 そのロボットは特別で、ウソをついた人の顔をひっぱたくって言う物騒な代物らしい。 そんなある日…。 僕は学校から帰宅するのがかなり遅くなってしまった。すると父 …

落とし物の封筒

私はマンションのフロント係をやっている。 まぁこのマンションは入り口にも鍵がかかってるから 住人以外自由に出入りできないし、仕事なんてほとんどない。 私のマンションではフロントに落とし物箱を置いていて …