中級

鼻歌

投稿日:

今私が住んでいる場所は特に曰くも無く、
昔から我が家系が住んでいる土地なので この家に住んでいれば恐怖体験は自分には起こらないと思っていました。

でもここ最近ですが、リビングにいると昼夜を問わず、 女性の低い声で鼻歌が聴こえてきます。

「ん~…ん~ん~…」

最初はよ~く耳をすまさなければ気づかないほどに遠くから聴こえてくるのですが、 放っておくとどんどん近づいてきます。

「ん~…ん~ん~…」

それでも放っておくと、意識を集中しなくても聴こえるほどに近づいてきます

「ん~…ん~ん~…」

なので私は、その声に気づいたらいつも般若心経の最後の部分を 繰り返し唱えるようにしています。(これしか知らないもので……)

とにかく般若心経の「ぎゃーていぎゃーてい」のくだりを唱え続けると、 声はだんだん遠ざかっていきます。
このリビングではテレビにも集中できません。

声が聴こえ始めるのは完全に不定期ですし、早く声に気づいて般若心経を唱え始めなければ、時としてそれは部屋にまで入ってきます。

「ん~…ん~ん~…」

そういえばこの前、大好きなバンドのニューアルバムが発売されました。
発売日を楽しみにしていたので、お店で買った時はもうテンション↑↑
さっそく家に帰ってヘッドフォンで聴いて、一通り聴き終え、 よかったな~と余韻に浸りながらヘッドフォンを取ったら耳元で

「んーーーーーーーーーーーーーーーー」

って。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

学校に来なくなった友人

突然、学校に来なくなった友達がいたのね。 結構仲良かったんだけど、どうしても不登校の理由を教えてくれないの。 お父さんやお母さんにすら言わずに引き篭もってるらしくって、3日めぐらいにメールしてみたんだ …

大事な探し物が書かれた紙

3月。 寒さの中にも春の陽気がちらつき始めている東京。 駅のホームで電車を待つ。 憧れの駅。 賑やかなホーム。 周りで待つ人々。 4月から始まる新しい春に想いを寄せているみたいだ。 泣いてる人がいる。 …

生まれつき目が見えない姫

とある王国に生まれつき目が見えない姫がいました。 さらに不幸なことに姫の顔は言葉では言い表せないくらい酷く醜かったのです。 不憫に思った王は姫が自分の顔を見ることができないのをいいことに 侍女や家来に …

忠犬

ばあちゃんの知人は三匹の犬飼っていた。 ある日ばあちゃんが知人宅を訪れると庭で孤独死していた知人と弱りきった一匹の犬を発見。 他の二匹は鎖に繋がれた首輪だけ残して逃走していた。 知人の死体の腐り具合か …

最後のメール

友人から最後のメール 今、心霊スポットに向かってるんだが 詳しい場所を聞いた婆さんが 『あそこはイタズが出るからやめろ』 って言うんだ(笑) いよいよ本物のスポットかもな またメールする

PREV
社長
NEXT
廃墟