中級

廃墟

投稿日:

俺が小学生の頃の話。

俺が住んでいた町に廃墟があった。

2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。

ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、地元の人間でも、あまりこの場所に近づくことはなかったらしい。

ある日俺は、友人と肝試しをすることになって、この廃墟に行くことにした。

まだ昼ぐらいだったから、建物の2階まで上がって建物を探索した。

そしたら並んでいる扉のひとつに、文字が書いてあるものがあった。

友人と近づいて確認してみると、扉の前に

「わたしは このさきの へやに いるよ」

と書いてあった。

俺と友人は扉を開けて中に入り、先に進むことにした。

歩いて行くと分かれ道に突き当たって 、壁に

「わたしは ひだり に いるよ」

と書いてあった。

少し怖くなったけれど、俺と友人はそのまま左に進むことにした。

すると両側に部屋があるところに突き当たって、壁に

「あたまは ひだり からだは みぎ」

と書いてあった。

友人はこれを見た瞬間に、半狂乱になって逃げだした。

でも俺はその場所にとどまって、勇気を出して右の部屋に行くことにした。

部屋に入り進んでいくと、突き当たりの壁に

「わたしの からだは このしたにいるよ」

と書いてあった。下を見ると

「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ うしろ みないでね」

俺は急いで、その部屋の窓から飛び降りて逃げた。

それからはもう、その場所には近づいていない。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

出張先のホテル

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。 ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。 案の定深夜にドアをノックする音がする。 ホテルの人かな? と思い声をかけたが返事がない。 …

悲鳴

外で散歩をしていたら、「キャー!」という女性の悲鳴が聞こえました。 私は驚いて行ってみると 道路で女性が、縦2m・横2m・暑さ50cm程の鉄板らしき物の前に座りこんでいました。 その女性に話を聞こうと …

バイクが燃えている

友人のマジ体験話だけど。 夜中、山道を走ってると林が燃えていた。 車を泊めてみると、なぜか道路が真っ赤に染まっている。血だった。 そして燃えている林を見るとバイクが燃えている。 その傍らにはヘルメット …

近所に住んでる双子の姉妹

Kは、近所に住んでいる双子の姉妹をストーキングしていた。 姉妹の方も、Kにいつも付回されているってことは気付いていながら、 あまり迷惑そうな顔もしないし、 警察に訴えたりもしていなかったらしい。 この …

5000円札を盗まれた

学生の頃、5000円札を盗まれたことがあった。 体育の時間の後のことだった。 「先生!お金を盗られました!」 その一言で授業は中断。 かくして犯人探しが始まった。 物々しい雰囲気の中、全員財布の中を出 …

PREV
鼻歌
NEXT
透視