中級

山奥のおじいさん

投稿日:

人嫌いになって、1人遠く離れた車も通らないような山奥で暮らすようになったおじいさん

そんなおじいさんの心を解きほぐそうと、孫のジェシーは毎日毎日おじいさんに手紙をだした。

その手紙が毎日届くようになってから数ヶ月ほど立った後、急に手紙がこなくなった。

今やその手紙が毎日の楽しみになっていたおじいさんは、どうした事かと心配になった。

山奥から街に出てきて孫の家を訪ねると、なんと孫は何者かに殺されていた。

おじいさんは酷く悲しんで、絶対に犯人を捕まえてやろうと思った。

いや、もう犯人は解ってる。犯人は奴しかいない…

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

未来の予言

1980年のある日、 撤去予定された家屋の中を作業員が整理していると、 子供が書いた筆跡があるノートを見つけた。 書いてあった内容は未来の予言のようなもので、 「平成10年 富士山噴火 平成20年 日 …

雪山で遭難

雪山で遭難したあるグループの話 A「だから俺は反対したんだ!」 B「今更そんなコト言ってもしかたないだろう!」 D「うるせーぞ!」 E「落ち着け、喧嘩しても腹が減るだけだ」 F「また食料も尽きかけてる …

no image

年齢当て

あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。 やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。 その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。 「す …

霊感

彼には霊感があった。 戦争や殺人のあったところに行くと、必ず見る。 霊なのだろうそいつらは大抵血走った目やうらめしそうな目をしてじとっとこっちを見ている。 今日彼は仕事でとあるビルにいた。 彼の職業は …

長い夢

長い夢を見ていた。 目が覚めると、そこには白い天井。白い壁。カーテン。規則的に鳴り響く機械音。 眩しい。視界が白く霞む。 「・・!!目を覚ましたのね!」 『・・こ・・ごどごで・・ずか・・』 変な感じに …