初級

朝の出来事

投稿日:

「どれだけ生きていたいか、好きなように言ってみなさい」

低く響き渡る神々しい声で問いかけられた。

100年か?いっそのこと永遠か?

しかしいきなり聞かれても困ってしまう…

「さっさと起きて、ごはん食べに来なさい!」

母親の声に起こされた。やっぱりあれは夢だったのか。

「あと10分だけ…」

剥ぎ取られかけた布団を引きずり戻す。

「そうか。分かった」

それは明らかに母のものではない声だった。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

二十歳の誕生日

俺の二十歳の誕生日に、彼女がお祝いをしたいというので待ち合わせ場所に行った。 なぜかいつもと違う、静かな山道の入口付近が待ち合わせ場所だった。 確か、心霊スポットとしても有名な山道だったように思う。 …

変なこと書いてゴメン(笑)

(以下はある日の2chの書き込みの一部である。) 456 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 2008/04/27(日) 04:44:44 id:O7kzZ8gX0 じわ怖といえば最近の俺のカー …

本当に空気が読めない男

俺の友人の山田は本当に空気が読めない男だった。  まわりから。KY、KYってよく言われていた。  でも、人当たりはよくとてもやさしいやつだったんよ。  おれが病気のときも付きっ切りで看病してくれたりし …

心の底から望んでいる願い

「どんな願いでもかなえてやろう。ただしひとつだけ、な」 と魔神は言った。 ひとつだけ、か……。 富。 いや、名声。 いや、美女。 いや、絶対権力。 いや、不老不死。 いや、世界平和。 いや、究極の快楽 …

あなた

海に行きたいと言ったあなた たくさん泳ぎたいと言ったあなた 仕事が休めないと言ったら少し拗ねたあなた 友達と行ってくると言ったあなた 笑顔で喜んでいたあなた いっぱい日焼けをしてくると言ったあなた 嬉 …