初級

朝の出来事

投稿日:

「どれだけ生きていたいか、好きなように言ってみなさい」

低く響き渡る神々しい声で問いかけられた。

100年か?いっそのこと永遠か?

しかしいきなり聞かれても困ってしまう…

「さっさと起きて、ごはん食べに来なさい!」

母親の声に起こされた。やっぱりあれは夢だったのか。

「あと10分だけ…」

剥ぎ取られかけた布団を引きずり戻す。

「そうか。分かった」

それは明らかに母のものではない声だった。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

肉を全て

「ここにある肉を全て食べないと罰として貴方を殺します」 密室の中に響く無機質な声。 何を馬鹿なと言いたいが相手が真剣な事は周りの死体が物語っている。 俺は巨大な皿に山盛りの肉を見て思う。 残念だが俺は …

次の電車

駅のホームで女友達とあった。 『どの電車?』 「次の電車」 『一緒だね』 彼女は電車に乗らなかった。 僕は一時間後に次の電車に乗った。

no image

空き巣

今日仕事から帰ってきた窓がブチ破られていた 空き巣か?と思いながら部屋を見渡すが、荒らされた形跡はない 通帳類も無事だし、この部屋で一番高価なノートパソコンすら盗られていない とりあえず警察を呼んで調 …

写真

ジャダルって写真家がマジ大好きなんですよ俺。 二つ好きな作品のがあって一つは「井戸の女」っていうんだ。 これがねぇまた風情があるのよアフリカ人かなんかの女が井戸の前で笑ってる訳。 その笑顔がマジ可愛い …

彼氏

彼女と連絡がとれない。携帯に電話をかけても出ない。 アルバイト先は無断欠勤が続いている。家に行っても鍵がかかっていて留守のようだ。 何か事件に巻き込まれたのかもしれない。とても心配だ。 繋がらない携帯 …