上級

会話を再開して下さい。

投稿日:

最初の1人が退場させられると、円卓を囲んでいた彼の椅子もすぐさま片付けられ、4人になった僕たちの頭上からまた放送の声が流れる。

『会話を再開して下さい。』

「…いつまでこんなことやらせんだよ!?」

最年長と見えるひげ面の男が叫んだ。

『予定では最後の一人になるまで続けさせていただくつもりです。では、はじめ。』

しばしの沈黙の後、僕の隣の眼鏡を掛けた男が言った。

「めちゃくちゃだ」

「誰だってそう思ってますよ」

僕は頷いた。

「世の中何が起こるか解らないって言うけど、こんな…」

若い神経質そうな女が爪を噛みながら呟く。

「何も、俺たちじゃなくたって良いだろう!?」

またひげ面が叫んだ。

「うるさいな!」

眼鏡が怒鳴る。

「みんなそう思ってんだよ!」

「よ、よして下さい!」

女が立ち上がり、必死に取り繕った笑顔で取りなした。

「いつまでもこんなことやってられっかよ!!」

眼鏡は頭をかきむしった。

ひげ面が僕の方を睨み付ける。

「よぉ兄ちゃん、ずいぶん静かじゃねえか」

「彼は、」

眼鏡も冷ややかな視線を僕に向けてくる。

「なるべく余計なことを言わないようにして、私たちが脱落するのを待ってるんです」

釈明しようとしたが、何を言っても火に油を注ぐだけの気がした。

「…すいません」

気づいたのは頭を下げた後だった。

血の気が引いていくのが解った。

最初の時と同じブザーが部屋に鳴り響く。

「い、いや!今のは…」
僕はスピーカーに向かって叫んだ。

引きずられながら僕が最後に見たのは、他の3人の同情と安堵の入り交じった笑みだった。

最初の男を見送りながら、自分もあんな顔をしていたのかなと僕は思った。

『はい、会話を再開して下さい。』

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

遭難者

私は世界中を船で旅している。 有名な危険海域を航行中、船が難破し私は暗い海に放り出された。 島に流れ着き、どうにか助かったが、一体どうなってしまうのか。 何かないかと探すため歩き始めると遠目に看板のよ …

誘拐された子供

草木以外何も無い無人島に、誘拐された子供が連れて来られた。 子供はガムテープで口を塞がれ、手と足を縛られた 犯罪者に「ごめんなさい。許してください」と言うと、 彼は怯えた目をして手の縄を解こうともがい …

完全自殺マニュアル

俺の友人に東京消防庁の消防士と地元交番の警察官がいて、お互いにとても仲が良い。 そんな友人達の話なんだがこのまえ久し振りに会って居酒屋で三人で飲んだんだ 消防 「この前現場があってさ、親子が三人仲良く …

サウナ

銭湯に行った。 あがる前にサウナで一汗かくのが俺の日課だ。 俺が入って1分くらいで、男が1人入って来た。 勝負だ。コイツが出るまで俺は出ない。 これも日課だ。 10分経過。相手の男は軽く100キロはあ …

バスを降りなければ・・・

ある家族が妻の実家に遊びに行くために田舎までのバスに乗っていた。 山のふもとあたりまできたときに、子供が「おなかへった」とだだをこね始めたので、 しょうがなく途中のバス停で降りて近くの定食屋で食事をす …