上級

会話を再開して下さい。

投稿日:

最初の1人が退場させられると、円卓を囲んでいた彼の椅子もすぐさま片付けられ、4人になった僕たちの頭上からまた放送の声が流れる。

『会話を再開して下さい。』

「…いつまでこんなことやらせんだよ!?」

最年長と見えるひげ面の男が叫んだ。

『予定では最後の一人になるまで続けさせていただくつもりです。では、はじめ。』

しばしの沈黙の後、僕の隣の眼鏡を掛けた男が言った。

「めちゃくちゃだ」

「誰だってそう思ってますよ」

僕は頷いた。

「世の中何が起こるか解らないって言うけど、こんな…」

若い神経質そうな女が爪を噛みながら呟く。

「何も、俺たちじゃなくたって良いだろう!?」

またひげ面が叫んだ。

「うるさいな!」

眼鏡が怒鳴る。

「みんなそう思ってんだよ!」

「よ、よして下さい!」

女が立ち上がり、必死に取り繕った笑顔で取りなした。

「いつまでもこんなことやってられっかよ!!」

眼鏡は頭をかきむしった。

ひげ面が僕の方を睨み付ける。

「よぉ兄ちゃん、ずいぶん静かじゃねえか」

「彼は、」

眼鏡も冷ややかな視線を僕に向けてくる。

「なるべく余計なことを言わないようにして、私たちが脱落するのを待ってるんです」

釈明しようとしたが、何を言っても火に油を注ぐだけの気がした。

「…すいません」

気づいたのは頭を下げた後だった。

血の気が引いていくのが解った。

最初の時と同じブザーが部屋に鳴り響く。

「い、いや!今のは…」
僕はスピーカーに向かって叫んだ。

引きずられながら僕が最後に見たのは、他の3人の同情と安堵の入り交じった笑みだった。

最初の男を見送りながら、自分もあんな顔をしていたのかなと僕は思った。

『はい、会話を再開して下さい。』

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

不思議な自動販売機

ここに1台の自動販売機がある。 誰も通らないような、 民家の路地に設置された不思議な自動販売機である。 値段も不思議で、商品の全てが85円だった。 この自動販売機を使用したのは今までで4人だけだ。 最 …

アパートの壁

この前大学に通うために地方へ行った友達から電話がかかってきた。 結構夜遅い時間だったけど、 久しぶりの電話だから寝るまでの時間大いに盛り上がった。 ただ、そいつの話で一つ気になる事があった。 隣に住ん …

俺とユウキとアズ

俺とユウキとアズの3人は小さい頃からの幼馴染だ。 3人の親の仲が良かったので家族ぐるみでの付き合いをしていた。 俺達が中学2年生の時アズの母親が交通事故で亡くなった。 アズとアズのおじちゃんはとても泣 …

大きな引き出し

A君は、たまたま通りかかったリサイクルショップで 大きな引き出しがいくつかついた机を見つけた。 高級そうに見えたが、値段は以外に安かった。 店主が言うには、この机は亡くなった人の所有物で その両親から …

背の小さいばあちゃん

俺が去年某洋楽バンドのライブに行った時の帰りの話。 俺と友達二人(仮にA・Bとする)の計三人で行って、 ライブ終了後、テンション最高潮で帰ってたんだよ。 そしたらAが後ろから誰かに肩を叩かれたんだ。 …