上級

会話を再開して下さい。

投稿日:

最初の1人が退場させられると、円卓を囲んでいた彼の椅子もすぐさま片付けられ、4人になった僕たちの頭上からまた放送の声が流れる。

『会話を再開して下さい。』

「…いつまでこんなことやらせんだよ!?」

最年長と見えるひげ面の男が叫んだ。

『予定では最後の一人になるまで続けさせていただくつもりです。では、はじめ。』

しばしの沈黙の後、僕の隣の眼鏡を掛けた男が言った。

「めちゃくちゃだ」

「誰だってそう思ってますよ」

僕は頷いた。

「世の中何が起こるか解らないって言うけど、こんな…」

若い神経質そうな女が爪を噛みながら呟く。

「何も、俺たちじゃなくたって良いだろう!?」

またひげ面が叫んだ。

「うるさいな!」

眼鏡が怒鳴る。

「みんなそう思ってんだよ!」

「よ、よして下さい!」

女が立ち上がり、必死に取り繕った笑顔で取りなした。

「いつまでもこんなことやってられっかよ!!」

眼鏡は頭をかきむしった。

ひげ面が僕の方を睨み付ける。

「よぉ兄ちゃん、ずいぶん静かじゃねえか」

「彼は、」

眼鏡も冷ややかな視線を僕に向けてくる。

「なるべく余計なことを言わないようにして、私たちが脱落するのを待ってるんです」

釈明しようとしたが、何を言っても火に油を注ぐだけの気がした。

「…すいません」

気づいたのは頭を下げた後だった。

血の気が引いていくのが解った。

最初の時と同じブザーが部屋に鳴り響く。

「い、いや!今のは…」
僕はスピーカーに向かって叫んだ。

引きずられながら僕が最後に見たのは、他の3人の同情と安堵の入り交じった笑みだった。

最初の男を見送りながら、自分もあんな顔をしていたのかなと僕は思った。

『はい、会話を再開して下さい。』

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アパートのドア

俺が住んでいるアパートのドアは立て付けが悪い。 バネの部分が壊れ、音もなく閉まる。 ある日の0時過ぎ、俺はそろそろ寝ようと思い、 電気を消し、布団の中に潜った。 俺はあまり寝付きが良い方ではなく、 布 …

夏休み

今日は父さんが帰ってくる日だ。 父さんは船乗りで家にあまりいないから、帰ってくるときはすごくうれしい。 にこにこ顔の父さんを久しぶりに見ると、僕も弟もつられてにこにこ笑ってしまう。 母さんもとても楽し …

おうちに帰りましょう

最近ボクは毎日たけるくんと公園で遊んでいます。 砂場で山をつくったり、トンネルをほったりしていると、 あっというまに時間がたちます。 夢中であそんでいると、学校のチャイムの音がきこえてきました。 「あ …

霊感

Aは否定してるが実は霊が見える事を俺は知っている。 この前一緒に駅前を歩いていたら、反対側の踏切の前に老婆を背負ってる男がいた。 じっと俺たちを見ている。 踏切を渡ろうとした時、Aがぽつりとこう言った …

2時22分22秒

うちの地方では 2時22分22秒に鏡を見ると 自分の死に顔が見れるという話があるんだ 俺は試してみた 恐る恐る小さな手鏡で見たわけよ でも何も映ってない おや、と思って目を鏡に近づけたが映ってるのは後 …