上級

ゴミ屋敷

投稿日:

ゴミ屋敷ってあちこちにあるよね?実は俺も、ゴミ屋敷の住人の一人だったんだ。

俺の場合きっかけは、ひとつの粗大ゴミ。その上に、集めてきたゴミをどんどん積み上げていったんだ

周囲の人が不審に思い騒ぎ出したのが、集め始めて2ヶ月ぐらいかな?その頃には、もう部屋はゴミで埋まってた。

そのうち猛烈な悪臭を放ちだした。当然誰も近寄ってすらこない。

町内会から時々苦情言いに来るけ、ど外で怒鳴ってるだけ。

そうすると今度は、TVのレポーターがやって来たりする。

近所の奴は取材に応えて、好き勝手言いやがる。

やれ借金まみれで自暴自棄になってるだの、奥さんに逃げられてからおかしくなっただの・・・

誰も俺の気持ちなんかわからないくせに。

騒ぎが大きくなって全国に注目されてきたころ、一つの事件がおきる。そう、俺の家が火事になる

俺は外出してるから無事なんだけど、家はもう跡形もなく燃えてしまう。

ゴミが腐敗して自然発火とか、放火されたとかいわれるけど、まともに現場検証すらしてもらえない。

まあ俺は嫌われ者で、ゴミだらけだったんだからしょうがないし・・・むしろ都合がいい

ゴミ屋敷が燃えたことをきっかけに俺は他所へ行って、小さなアパートでも借りて普通に暮らしていく。

第二の人生っていうのかな?

もちろん、もうゴミなんか集める気もないし必要も無い。

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

落とし物の封筒

私はマンションのフロント係をやっている。 まぁこのマンションは入り口にも鍵がかかってるから 住人以外自由に出入りできないし、仕事なんてほとんどない。 私のマンションではフロントに落とし物箱を置いていて …

no image

不審な日記

1904年8月のことだ。 私は自宅で不審な日記を見つけた。 我が家は、6年前結婚してすぐに妻と選んで購入した中古住宅だ。 妻と二人の娘は一昨年の船旅中の事故により他界。 二人の愛娘は後日別々の場所に打 …

ヘヤニコイ

彼女はいきなり、別れたいと言い出した。 その日は俺の誕生日だった。 俺はアパートで独り暮らしをしていたのだが、 仕事から帰ると必ず部屋が掃除されていた。 彼女に合鍵を渡していたが、流石に毎日掃除してく …

同棲していた男

昔物凄く年上の男と同棲して3ヵ月後。 その男が逮捕され私も警察に呼ばれ事情を聞かれた。 警察では好きなものを取っていいよとそばやのメニューを見せられ 天ぷらうどんをご馳走してもらった。 冷たいものを飲 …

不思議な能力

ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。 毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。 男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。 目の前をおばさんが通る。すると男は …