中級

出張

投稿日:

出張が長引いて1週間ぶりの帰宅だ。

早く妻の顔が見たいなぁ、と思いながら玄関のチャイムを鳴らす。

あれ?おかしいな。

何度鳴らしても出てこない。

持っていた鍵で中に入るとテーブルの上にメモと用意してくれていた食事が置いてあった。

そうか、出張の翌日から友達と旅行に行くとか言ってたっけ。

会えなかったのは残念だが仕方ない。

お腹も空いた事だし食事にするか。

俺の大好物である刺身に真っ先に手を伸ばした。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

二郎

長男に「二郎」って名前つけようとしたら 親と嫁に猛反対されそうだったから 第二子が生まれたら絶対に「二郎」って名前にしようと思ってたのよ そのために長男は一郎という名前にして、 二郎への布石はバッチシ …

no image

スーパー赤ちゃん

ある日、平穏な家庭に赤ちゃんが一人産まれました。 その赤ちゃんは驚いたことに、産まれたばかりですぐに言葉を発したのです。 第一声は、 「おじいちゃん」でした。おじいちゃんはひどく喜び、涙を流したそうで …

2つの着信音

ある休日俺は友人2人とドライブに行った 友人Aが車を運転しながら 「こうして3人で集まるのは久しぶりだな」 助手席で俺は携帯をいじりながら 「そうだな、今日は楽しもうぜ」 後部座席で友人Cが携帯を片手 …

no image

お化け屋敷

夏休みって事で彼と遊園地のお化け屋敷に入った。 とにかく私は怖がりで、中が真っ暗なだけでもうガクブル。 彼の腕を肘ごと抱え込んで、目もつぶって俯きながら歩いた。 彼に胸が肘に当って気持ちいいwとか言わ …

もう見えるぞ

『もう見えるぞ。もう見えるぞ。紙と筆をもってこい』 が、臨終の言葉だったうちのじいちゃん。 未だに親類の語り草になってる。 俺は直接は聞けなかったけど、想像すると怖すぎる。 じいちゃんが死んだのは俺が …