中級

お揃いのバック

投稿日:

私はブランド物のアイテムを、3つだけ持っている。

時計とパスケースとバッグで、すべて姉とお揃いである。

自分で買ったのではなく、祖父から貰ったものだ。

大事にしていたのだが、少し前に時計をなくしてしまった。

普段から着けているわけではなく、バッグの中から突然なくなった。

しばらくすると、パスケースもなくなった。

ポイントカードが数枚入っていただけなのだが、ある日バッグの中から消えた。

そしてついに最近、そのバッグがなくなってしまった。

どこかに置き忘れたのかも知れないが、どこでなくしたのか見当が付かない。

バッグは無いと不便だし、気に入っていたので同じものを買い直すことにした。

「バッグをなくしてしまって、買いにいくから付いて来て」と、友人に頼んだ。

友人は「またなくしたの?ドジね~。」と笑っていた。

普段は物をなくしたことなんて友人に話さないが、今回は事情を話した。

すると友人はしばらく黙った後、「それってもしかして……」と言おうとした。

私は止めた。

私も薄々気づいていたのだが、

姉と私はいつもお揃いのバッグでお出かけしてる仲の良い姉妹。

これ以上詮索して、姉との仲に亀裂が入ってしまうのはもっとイヤだったから。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

医師の谷

医師の谷です。犬に犬確か縫い縫い縫いぬ犬犬犬犬か下縫いに縫いすます 朗々と遠のきし風から風か四季の音示せ 掃きて清め見るとも黴を美化理屈を作り黴を美化しても 担う男の子の出る日 頬の笑み三重頬は三重 …

no image

こいに落ちる音

いつものように 俺はコンビニで買ったおにぎりを持って 一人屋上へ向かった。 その日は珍しく一人先客がいた。 色の白い可愛い女の子だった。 その子と目が合った。 俺は初めて人がこいに落ちた音を聞いた。

長い夢

長い夢を見ていた。 目が覚めると、そこには白い天井。白い壁。カーテン。規則的に鳴り響く機械音。 眩しい。視界が白く霞む。 「・・!!目を覚ましたのね!」 『・・こ・・ごどごで・・ずか・・』 変な感じに …

いじめ

私は中学生の頃いじめにあっていた。でも、トラウマになったりはしていない。 真由美ちゃんという女の子のおかげだ。 真由美ちゃんは可愛くて頭が良くて運動も出来て、人気者だった。 クラス全員に無視される中、 …

家族がバラバラ

美紀は食卓の上の残り物を眺めながら、物憂げな表情を浮かべていた。 向かいの席には行儀の悪い弟が食卓に足を投げ出しテレビに目を向けている。 父と母のいる隣の部屋からは紅白歌合戦が聞こえてくる。 今年大流 …