中級

俺の車

投稿日:

俺とA君B君C君の4人は、いつも一緒で、

あの日も俺の車に乗って、皆で出かけたのだ。

A「もう動いても平気なのかよ?」

B「うん、ただの捻挫だから、外出して良いってよ。」

俺「車はグチャグチャの全損だったけどな(笑)。」

C「後で聞いたのだけど、猫だったらしいね。」

B「で、即死だったって・・・。」

俺「猫好きの俺としたら、車よりもそっちのほうが悲しいよな・・・。」

A「そっか・・・今度お供え物を持って、もう一度あそこへ行かないか?」

俺「いや、でも車はもうオシャカだし・・・電車で行くのか?」

C「そうだな、もう車は懲りたし、今度はバイクで行こうか。」

俺「いや、お前らと違って俺バイク持ってねーし(笑)。」

B「そういえば皆の中で、俺君だけバイク持て無かったよね。」

A「ああ、それでいつも俺君に車出してもらってたよな。」

C「それが、こんなことになるなんてな・・・。」

俺「おいおい、そんな暗くなるなよ、ちょうど新車に買換えたかった所だしさ(笑)。」

B「そうだな、僕がバイクで2ケツすれば・・・。」

俺「それイイな!たまにはそういうのも悪くないな。それで行こうぜ!」

C「そろそろ行くか、始まりそうだ。」

B「僕、初めてなんだけど、ちゃんとできるかな。」

A「他の人の真似をすれば問題ないだろ。」
[amazonjs asin=”B01ERIY1U0″ locale=”JP” title=”Bukm バイクカバー カバーバイク用 風飛防止付 オートバイクカバー ブラック”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

吊橋が倒壊

俺はど田舎に住んでいて 夜10時ごろに電灯も無い吊橋を渡って、 歩いて10分ぐらいのところにある タバコの自販機へ向かった。 タバコを買い終えると偶然音信不通だった友達に会い、 「久しぶり!」と20分 …

先生からの電話

ぼくは、学校を休んだ。 腹痛がひどいからだ。 でもうちは死ぬほど貧乏で、薬さえない。 暖かい何かを飲もうと思っても、火が使えない。 先生から電話があった。 「もしもし、早く学校へ来なさい」 「…、」 …

誰かの寝息

その子にはお姉さんがいて、二人とも少し霊感があるらしい。 夜は同じ部屋で寝てたそうだ。  ある日、彼女は寝苦しくて、なかなか寝付けなかった。 そして、しばらくして変なことに気付いた。 二人が寝てる足元 …

生まれつき目が見えない姫

とある王国に生まれつき目が見えない姫がいました。 さらに不幸なことに姫の顔は言葉では言い表せないくらい酷く醜かったのです。 不憫に思った王は姫が自分の顔を見ることができないのをいいことに 侍女や家来に …

優しいお医者さん

脳死が確認されて二週間を経過した兄の皮膚細胞は、無数のチューブに繋がれ、人工呼吸器と点滴によって生き続けていました。 しかしそれも、昨日までの話です。今日、兄は死んでしまったのです。 「すみません。手 …