中級

悲鳴

投稿日:

外で散歩をしていたら、「キャー!」という女性の悲鳴が聞こえました。

私は驚いて行ってみると

道路で女性が、縦2m・横2m・暑さ50cm程の鉄板らしき物の前に座りこんでいました。

その女性に話を聞こうとしたが、ビックリしたのか話せません。

すぐに作業服を着た人が来て訳を話してくれました。

どうやらビルの上で工事をしている時に落としてしまったということです。

幸い怪我人は出なく、女性は驚いて腰が抜けてしまっただけらしいです。

それにしても赤いタイルの上に真っ黒の鉄板とは不気味でした。

散歩も飽きて夕陽が暮れ前に、もう一度その場所に寄ってみました。

その鉄板らしき物はまだ残っていました。とても重いので処理ができてないのでしょう。

危ないからか、近づけないように警備員のような人がいました。

先ほどの女性もいたので、声をかけてみました。

「先ほどは驚かれたことでしょうね」

女性は

「驚きました。悲鳴を聞いたときは本当にビックリしました」

と返してくれた。
[amazonjs asin=”B01MTU93CG” locale=”JP” title=”メガネと運び屋 (リンクスロマンス)”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

心霊写真

友達と2人で話してたら、久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと言いだした。 近くの山道に惨殺事件があってからも、未だに取り壊されず残されてた民家があるので 夜中に行ってみた。 玄関から居間、風呂場とトイレ …

長い夢

長い夢を見ていた。 目が覚めると、そこには白い天井。白い壁。カーテン。規則的に鳴り響く機械音。 眩しい。視界が白く霞む。 「・・!!目を覚ましたのね!」 『・・こ・・ごどごで・・ずか・・』 変な感じに …

俺のケータイ知らない?!

私は、携帯が鳴ると心がつまる。 それは以前の話、夜中にケータイの鳴る音が聞こえた こんな時間に電話か?と思い、携帯を覗いた。 どうやら先輩の携帯からのようだ 電話にでると、先輩は慌てた声で「俺のケータ …

no image

魔の交差点

近所の花屋の近くの交差点は「魔の交差点」と呼ばれていて毎年死人が出ている それだけならただの事故の多い交差点だが 不思議なことにその交差点では毎年、「同じ日」の「同じ時間」に人が死んでいる そして不幸 …

霊感

彼には霊感があった。 戦争や殺人のあったところに行くと、必ず見る。 霊なのだろうそいつらは大抵血走った目やうらめしそうな目をしてじとっとこっちを見ている。 今日彼は仕事でとあるビルにいた。 彼の職業は …

PREV
俺の車
NEXT
運び屋