中級

運び屋

投稿日:

俺は昔運び屋をやっていた。

だからオートバイで高速を利用するのが日課になっていた。

今日も荷物を届けるために高速に乗り目的地に向かう。

しばらく走ったところで斜線変えてきた車に接触した。

一瞬バランスを崩したが、なんとか体勢を直しました。

危ねえ、後ろ位確認しろよ!

そう思いながらもなんともなかったので走り続けた。

そして目的地についたので高速を下りようと料金所に行き、金を払うためにバイクを止めた。

…その瞬間に俺はぶっ倒れた。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

独身の先生

半年前、ウチの子の小学校の担任の先生から 「急ぎの大事なお話があります」って電話がかかってきたんです。 何かあったのかしらと思ってると「おちついて聞いて下さい」って言うのよ。 余計不安になっちゃったわ …

近所に住んでる双子の姉妹

Kは、近所に住んでいる双子の姉妹をストーキングしていた。 姉妹の方も、Kにいつも付回されているってことは気付いていながら、 あまり迷惑そうな顔もしないし、 警察に訴えたりもしていなかったらしい。 この …

帰省

「おい、まだかよ?」 俺は、女房の背中に向かって言った。 どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。 「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」 確かに女 …

砂嵐

深夜、テレビの放送が終わると、砂嵐と呼ばれるザーッという放送になる。 これは実話なんだが、 あるとき地方テレビ局の中の人が、夜勤のとき砂嵐の時間帯に、 暇だから見て楽しもうと思ったアダルトビデオを、う …

廃墟

俺が小学生の頃の話。 俺が住んでいた町に廃墟があった。 2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。 ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、地元の人間でも、あま …

PREV
悲鳴
NEXT
心霊写真