中級

運び屋

投稿日:

俺は昔運び屋をやっていた。

だからオートバイで高速を利用するのが日課になっていた。

今日も荷物を届けるために高速に乗り目的地に向かう。

しばらく走ったところで斜線変えてきた車に接触した。

一瞬バランスを崩したが、なんとか体勢を直しました。

危ねえ、後ろ位確認しろよ!

そう思いながらもなんともなかったので走り続けた。

そして目的地についたので高速を下りようと料金所に行き、金を払うためにバイクを止めた。

…その瞬間に俺はぶっ倒れた。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

雑居ビルのエレベーター

運送会社の配達員をしていた頃の話。いつも通り昼間の配達に回っていた。 それは繁華街の路地裏にある、築うん十年も経ってるであろう 古くて人気もない雑居ビルに行った時のこと。 真夏だったし割と上階へ登らな …

心霊写真

友達と2人で話してたら、久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと言いだした。 近くの山道に惨殺事件があってからも、未だに取り壊されず残されてた民家があるので 夜中に行ってみた。 玄関から居間、風呂場とトイレ …

転校生

中学三年の時、Aという男子の転校生がうちのクラスに来た。  席が俺の隣になったので、休み時間に話しかけたらすぐに打ちとけた。  お互いの家族構成なんかを話してると、  ずいぶん前に死に別れた姉がいたこ …

no image

友人の話

その友人は高層マンションに住んでいます。 彼は14階に住んでいるためエレベーターは必須なのですが。 夜中に帰宅したときのことです。 エレベーターに乗って14階のボタンを押し、ドアが閉まり動き出したとこ …

黒い手

ある男が黒い手に命を狙われていた。 空中に手だけが浮かんでいて、焦げたように真っ黒な手。 初めてその手に襲われたのは小学校の頃で、それから何度も黒い手は現れた。 いつも自分はなんとか回避することができ …

PREV
悲鳴
NEXT
心霊写真