中級

心霊写真

投稿日:

友達と2人で話してたら、久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと言いだした。

近くの山道に惨殺事件があってからも、未だに取り壊されず残されてた民家があるので

夜中に行ってみた。

玄関から居間、風呂場とトイレ、キッチンに父親の部屋、階段から2階へ行き、

子供部屋からベランダ、母親の部屋、階段を降りて1階へ進んだ。

最後に家をバックに一人ずつと、片っ端から写真撮って帰った。

そして、今日だ。出来上がった写真を見て俺達は驚いた。

何も写ってないのだ。

もちろん俺達は普通に写ってる。霊的な物が何も写ってなかったのだ。

「・・おかしくね?」

「もう成仏しちゃったとか、じゃねぇかな?」

「やっぱそうなのかな。じゃあ、あそこ行ってももう心霊写真撮れないって事か。無駄だったなぁ」

「そうでもないよ。行く途中に結構周りから孤立してる民家、1軒あるから。次はそこ行こうぜ」

「おぉ!マジで?そこも廃墟?」

「んな訳ねぇじゃん。普通に人住んでたよ。今日の夜行こうぜ」

「おっけ、分かった。今の内に適当に準備しとくわ」

楽しみだ。かなり久しぶりだから何かワクワクする。

[amazonjs asin=”4802400322″ locale=”JP” title=”【限定】“識子流”ごりやく参拝マナー手帖セット(福を呼ぶおみくじ帖付)”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大事な探し物が書かれた紙

3月。 寒さの中にも春の陽気がちらつき始めている東京。 駅のホームで電車を待つ。 憧れの駅。 賑やかなホーム。 周りで待つ人々。 4月から始まる新しい春に想いを寄せているみたいだ。 泣いてる人がいる。 …

no image

気が滅入ってしまう

私は仕事の時はいつも電車に乗っている。 今日も電車に乗っていると、突然目の前に女性が現れた。 ああ、またか。気が滅入ってしまう

妊娠

ふと切ない気持ちになり、台所に向かった。 台所で、妻が食事の支度をしている。 ご飯はもう少し待って、という妻に、おなかに触っていいか、と尋ねた。 痩せて華奢な妻の体は、腹部だけが異様に張り出している。 …

俺のケータイ知らない?!

私は、携帯が鳴ると心がつまる。 それは以前の話、夜中にケータイの鳴る音が聞こえた こんな時間に電話か?と思い、携帯を覗いた。 どうやら先輩の携帯からのようだ 電話にでると、先輩は慌てた声で「俺のケータ …

こたつの中

茜は雄一に電話した。 「…あ、もしもし雄一?」 「茜?なんだよこんな時間に…。もう10時だぞ?」 「ごめん。声聞きたくなったの」 茜は雄一の彼女だ。 ……いや、今となってはもう彼女というよりストーカー …