中級

クローバー

投稿日:

最近、近所で連続殺人事件が起きている。

被害者は全て同じ小学校の子供です。

その犯行はとても残虐で、死体は見るに耐えないカタチになっているという。

事件現場に供えられた沢山の花たち。

しかしその中にクローバーが大量に供えてある。

他の現場でも必ずクローバーが大量に供えられている。

どうやら、あるお婆さんが供えているらしい。

歳は80といったところだろうか。

とても温厚そうなお婆さんで涙は見せず、優しい笑顔で花を供え、手を合せて帰っていきます。

亡くなったのはお孫さんなのだろうか。知り合いの子供さんなのだろうか。

私も花を供えにと思い現場へ向かうと、ちょうどそのお婆さんと会った。

お婆さんはいつものようにクローバーを供えている。

「何故クローバーを供えているんですか?」

「クローバーって、四葉とかあったりして幸せな花じゃない?

向こうでも幸せにしてほしいって意味を込めてるのよ。」

そう答えるお婆さんは、とても優しい目をしていたが、時折切ない表情も垣間見えた。

「実はね、私の孫も亡くなってしまったのよ。別の事件なんだけど、学校の事故で。

詳しい事はまだわかっていないらしいんだけどね。

この殺人事件で亡くなった子達、孫ととても仲良くしてくれてたらしいのよ。

だからこうして、全員にクローバーを供えているの。」

涙しながらそう話すと、お婆さんはその場を去っていった。

こんな優しいお婆さんもいるんだなという思いにふけりながら帰宅した。
[amazonjs asin=”4594076084″ locale=”JP” title=”ももクロ裏伝説”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

重大なミス

俺は今日、重大なミスを2つ犯した。 1つ目は家の鍵をかけ忘れてしまったことだ。 遅刻しそうだったので慌てて出てきて会社に着いてから気づいた。 なんてことだ。まあ俺の家は風呂もついてない1Rだし盗られる …

霊感

彼には霊感があった。 戦争や殺人のあったところに行くと、必ず見る。 霊なのだろうそいつらは大抵血走った目やうらめしそうな目をしてじとっとこっちを見ている。 今日彼は仕事でとあるビルにいた。 彼の職業は …

コタツ

あなたは知らない人2人と大切な人1人、猫2匹と共に コタツに入っています。 玄関でインターホンが鳴りました。 知らない人1人が玄関に向かいました。 玄関で物音がしました。 知らない人もう1人が玄関に向 …

耐え続けた

それは広大な大地に、しっかりと根を下ろして大きく茂っていた。 ある日、化学物質が混じった雨が降り注いだ。 だが、それは雨の間ずっと耐え忍んだ。 雨は大地を流れ去っていった。 暫くして、熱く乾燥した暴風 …

血液型

俺ん家は名前に問題はないんだが、 血液型が 父A 母A 俺AB 弟O 妹A と、 バラバラでワロタw 弟だけA入ってねぇw誰だオマエwww [amazonjs asin=”09138661 …