中級

クローバー

投稿日:

最近、近所で連続殺人事件が起きている。

被害者は全て同じ小学校の子供です。

その犯行はとても残虐で、死体は見るに耐えないカタチになっているという。

事件現場に供えられた沢山の花たち。

しかしその中にクローバーが大量に供えてある。

他の現場でも必ずクローバーが大量に供えられている。

どうやら、あるお婆さんが供えているらしい。

歳は80といったところだろうか。

とても温厚そうなお婆さんで涙は見せず、優しい笑顔で花を供え、手を合せて帰っていきます。

亡くなったのはお孫さんなのだろうか。知り合いの子供さんなのだろうか。

私も花を供えにと思い現場へ向かうと、ちょうどそのお婆さんと会った。

お婆さんはいつものようにクローバーを供えている。

「何故クローバーを供えているんですか?」

「クローバーって、四葉とかあったりして幸せな花じゃない?

向こうでも幸せにしてほしいって意味を込めてるのよ。」

そう答えるお婆さんは、とても優しい目をしていたが、時折切ない表情も垣間見えた。

「実はね、私の孫も亡くなってしまったのよ。別の事件なんだけど、学校の事故で。

詳しい事はまだわかっていないらしいんだけどね。

この殺人事件で亡くなった子達、孫ととても仲良くしてくれてたらしいのよ。

だからこうして、全員にクローバーを供えているの。」

涙しながらそう話すと、お婆さんはその場を去っていった。

こんな優しいお婆さんもいるんだなという思いにふけりながら帰宅した。
[amazonjs asin=”4594076084″ locale=”JP” title=”ももクロ裏伝説”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

学校に来なくなった友人

突然、学校に来なくなった友達がいたのね。 結構仲良かったんだけど、どうしても不登校の理由を教えてくれないの。 お父さんやお母さんにすら言わずに引き篭もってるらしくって、3日めぐらいにメールしてみたんだ …

no image

ずっと暗かったから

男はアイドルAに夢中だった 安月給のため生活に余裕はなかったが使える金は全てアイドルAにつぎ込んでいた 写真集やDVDの発売イベントには必ず顔を出し、その場でありったけの金を使うことが男の日常だった …

no image

こいに落ちる音

いつものように 俺はコンビニで買ったおにぎりを持って 一人屋上へ向かった。 その日は珍しく一人先客がいた。 色の白い可愛い女の子だった。 その子と目が合った。 俺は初めて人がこいに落ちた音を聞いた。

ヤバイ失敗

仕事でヤバい失敗をしちまった。 会社は首になって社員寮は追い出されて最悪だった。 俺結構いい歳だし、実家の両親に泣き付くのも躊躇った。 実家には長男夫婦が同居してるし、俺の居場所なんかない。 独身だし …

メール

俺の部屋に彼女が遊びに来た時に、 気が付いたら彼女が誰かにメールしてた。 『誰にしてんの?』 って聞いても 『ん?ちょっとね』 って教えてくれない。 ムカ〜っときて、 『どーせ男じゃねーの?!』 って …