中級

パチンコ玉

投稿日:

とてもうるさい店だったので、その男は耳栓替りにパチンコ玉を左右の耳に詰めた。

ところがあまりぎゅうぎゅう耳の奥に詰め込んだので、抜けなくなった。

耳掻きで取りだそうにも、耳掻きを入れる隙間もない。

そこで男は、知人が勤めるある企業の研究室を訪れた。

以前、そこの研究室に実験用に超強力な電磁石があるという話を聞いていたからだ。

知人は呆れ返り、

「はっはっは。バカなやつだなぁ。まぁいい。うちのは無茶苦茶強力な磁石だから、

簡単に抜けるよ。そこのところに耳をつけて」

男は装置の磁石の所に、まず右の耳をつけた。

知人が電磁石のスイッチを入れる。

言葉どおり、その磁石は超強力で、パチンコ玉は瞬時に磁石に引き寄せられ、

カキーンカキーンという衝突音が研究室に響き渡った。
[amazonjs asin=”B008MIJET0″ locale=”JP” title=”強力磁石の立体パズル!マグネットボール216個セット シルバー”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ボタンに気を付けよう

ボタンには気を付けたほうがいい。 何故かって?そりゃあんた・・・ パチンコのスロットボタンや駅のキップボタン、自販機のボタンも危ないな 元は数個だけのボタンで一斉に押すんだけど。 押すやつはかなりの精 …

ワケの分からないこと

俺が公園のベンチに座っていると、突然知らない女が話しかけてきた。 女はワケのわからないことを俺に言ってくる。 気持ち悪い女だと思い適当にあしらって帰ろうとしたが、いきなり俺の妻は死んだとか言いだしたの …

出張先のホテル

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。 ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。 案の定深夜にドアをノックする音がする。 ホテルの人かな? と思い声をかけたが返事がない。 …

霊感

彼には霊感があった。 戦争や殺人のあったところに行くと、必ず見る。 霊なのだろうそいつらは大抵血走った目やうらめしそうな目をしてじとっとこっちを見ている。 今日彼は仕事でとあるビルにいた。 彼の職業は …

僕の彼女はイタズラ好き

僕の彼女はイタズラ好き。 二人っきりなのに、いきなりちっちゃな両手で「だーれだっ!」なんてしてくる。 答えたら「良くできました」ってよしよししてくれるのは嬉しいけど、 それより早く手をどけてよ。 僕の …