上級 珍問

ごめんな

投稿日:

ドンッドン!

友「本当に、本当にごめんな・・・。」

俺「おいやめろって!」

友「妹が・・妹が病気で・・金がいるんだ!」

俺「大丈夫か?気をしっかり持てよ・・・。」

友「・・・ありがとう・・・」

俺「に・・いや、10万でよかったら貸してやるよ」

友「本当にありがとう・・あと、その・・なんていうか・・」

俺「ほら、晩飯の残りで良かったら食ってけよ」

友「ありがとう・・」

俺「・・なに言ってんだよ。それに、俺たち親友だろ?」

友「実は自殺しようと思ってて・・お前がいなかったらもう・・」

俺「そんなに気にすんなよ」

友「こんな夜中にごめんな」

[amazonjs asin=”B01M4NFM1V” locale=”JP” title=”世界から猫が消えたなら”]

-上級, 珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

右手

私の母は優しい保母さんだったそうで 私の父は趣味がギターの普通の会社員でした。 そうした円満な夫婦のもとに産まれたのですが、 私にはなぜか右手がなかったのです。 母は大変ショックを受け。私を産んだ後に …

不思議な能力

ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。 毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。 男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。 目の前をおばさんが通る。すると男は …

ゴミ屋敷

ゴミ屋敷ってあちこちにあるよね?実は俺も、ゴミ屋敷の住人の一人だったんだ。 俺の場合きっかけは、ひとつの粗大ゴミ。その上に、集めてきたゴミをどんどん積み上げていったんだ 周囲の人が不審に思い騒ぎ出した …

夜中の病院での出来事

とある病院での夜中の出来事。 記録室で書き物をしていたらひょっこりと部屋を覗く気配がした。○さん。 「どうしたの?○さん」 声を失う手術をした○さん、困ったように立っている。 「家に電話?何かあった? …

かなしんでくれるかい?

一人の女の子がいた。 性格は明るく、小学校ではたくさんの友達に囲まれていた。 また、女の子は大のおじいちゃん子で、おじいちゃんも女の子の事を本当に可愛がった。 しかし、おじいちゃんは今は入院しており、 …