上級 珍問

ごめんな

投稿日:

ドンッドン!

友「本当に、本当にごめんな・・・。」

俺「おいやめろって!」

友「妹が・・妹が病気で・・金がいるんだ!」

俺「大丈夫か?気をしっかり持てよ・・・。」

友「・・・ありがとう・・・」

俺「に・・いや、10万でよかったら貸してやるよ」

友「本当にありがとう・・あと、その・・なんていうか・・」

俺「ほら、晩飯の残りで良かったら食ってけよ」

友「ありがとう・・」

俺「・・なに言ってんだよ。それに、俺たち親友だろ?」

友「実は自殺しようと思ってて・・お前がいなかったらもう・・」

俺「そんなに気にすんなよ」

友「こんな夜中にごめんな」

[amazonjs asin=”B01M4NFM1V” locale=”JP” title=”世界から猫が消えたなら”]

-上級, 珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アパートの壁

この前大学に通うために地方へ行った友達から電話がかかってきた。 結構夜遅い時間だったけど、 久しぶりの電話だから寝るまでの時間大いに盛り上がった。 ただ、そいつの話で一つ気になる事があった。 隣に住ん …

自殺を試みた女の子

俺は、結構霊感がある方だと思う。  というか、幽霊がはっきり見えちゃうし話も出来ちゃうんだよね。  ある日、俺は道ばたを歩いていたら、  首にロープを巻いた女の子が寂しそうにこちらを見つめているのに気 …

廊下の鏡

俺が昔通ってた小学校は少し田舎にあり、 各学年に一クラスしかないような小さめの学校だった。  そこでは当時「廊下の鏡」って噂が流れてた。  夜中の学校の廊下の真ん中に現れる巨大な鏡。  それを見た者は …

お砂遊び

「坊や、お砂遊びは終わってもう家に帰りましょう」 「やだやい、ママだって昨日パパとお砂遊びしてたじゃないか」 「あらやだ見てたのね それじゃあ今夜は坊やとお砂遊びをしなきゃ」 [amazonjs as …

にーちゃん

私は未だにどこか呆然としていた。太郎が、あんなに大事に育ててきた太郎が、突然 死んでしまい心に穴が空いたかのようだった。 にーちゃんにーちゃんと慕っていた次郎も まだ兄の死を受け入れられておらず、にー …