中級

妻の様子がおかしい

投稿日:

最近、妻の様子がおかしい

遠くの方を見て考え事をしている時間が増えたし、

私との会話でも、そっけない返事をするばかりで、どこか上の空だ。

―――学生時代、バスケットボール部のエースだった私と

マネージャーであった妻が付き合い始め、

5年の交際を経て結婚。更にそれから3年間の結婚生活は何不自由なく、

旧知の友人からは身長差からか「でこぼこ夫婦」などと揶揄されながらも、

仲睦まじくやってきたつもりだ。

彼女が塞ぎがちになり始めたのは、今の家に引越してからか。

高い天井、そして広い庭に蔵まであることが気に入り、

郊外にある年代物の旧家を買い取って住み始めたものの、

普段仕事に出掛ける私と違って、

家にいることが多い妻にとってはこの町は刺激がなく、

退屈な毎日だったのかもしれない。

今日は体調が優れなかった為、

会社を早退して来たのだが、

どうやら妻は出かけているようだ。

車庫には彼女の車は無いし、

テーブルの上を見るとラップがかけられた料理と、

置き手紙がある。

「博美のところに出かけてきます
帰りが遅くなりそうなので、博美と夕飯は食べてきます。
あなたの好きなハンバーグを作って置いたので温めて食べて下さい」

知り合いが全く居ないこの土地で、

隣町の美容院で知り合い意気投合した博美さんのことは妻から聞いていた。

私はまだ会ったことはないが、妻の唯一の友達である。

まぁ、気分転換にでもなればいいだろう。

残念ながら体調の為か、

好物のハンバーグにも関わらず食欲は全く沸かない。

私は冷蔵庫に料理をしまった。

「妻は当分帰ってこない・・・」

最近の妻の異変が気がかりだった私は、

何か原因が分かるかもと思い、

妻の部屋を調べてみようと思った。

妻の部屋に行ってみると本棚に見慣れない本がある。

「これは『完全自殺マニュアル』か・・・こんなものを何故・・・」

十何年か前に流行った本だが、

わざわざ古本屋ででも見つけて来たのだろうか。

私はそれをゴミ箱に捨てると、

他に何か妻の異変は無いものかと探すことにした。

すると妻と共有で使っているPCを見ると、

既にファイルは削除済みであったが、

ワープロソフトの使用履歴に

「遺書.doc」という名前を見つけてしまった。

そういえば最近、夜中に探し物があると言って、

彼女が庭にある蔵に向かうことが多い。

ふと嫌な予感がした私は、

戸棚から蔵の鍵を持ち出し、慌てて蔵へ向かう。

鍵を開け、照明のスイッチはどこだったかな、

と思いながら暗闇の中を手探りで進むと、

足に何かがぶつかった。

「あったあった・・・」

と照明のスイッチを入れた私の目に飛び込んで来たのは、

先が結ばれ輪が作られた梁から垂れる太いロープと、

踏み台代わりなのか、

庭いじり用に購入した小さな脚立が置いてあった。

「何てこった・・・こんな物まで用意する程思い悩んでいたなんて・・・」

私は脚立の一番上に昇ると、

丁度、顔の前に垂れ下がるロープの輪を手に取り、

その結び目をほどきながら、

妻が帰ってきた時に、

これら一連の妻の行動に関してどう話そうか、

彼女の悩みをどう聞きだそうかと考えていた…
[amazonjs asin=”4104774022″ locale=”JP” title=”狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

土間の縁側の下

タクシー運転手の奥さんが、  まだ五才になったばかりの子を残して亡くなった。  父親は仕事ででかけている時間が長く、  そのあいだ隣の家に子どもを預けていたのだけれど、  深夜になっても帰ってこないの …

no image

救助

「おい!しっかりしろ!」 温かい液体が、俺の顔に落ちてくる。 生臭い… 多分、血だろう… 「大丈夫だ!もうすぐ救助隊が来てくれるからな!」 俺は、暗闇でそう叫ぶおじさんに元気付けられた。 数時間後… …

吊り橋

友人とキャンプに行ったんだ 遊び疲れてブラブラ一人で歩いてると結構長い吊り橋が 下は川で、落ちたらひとたまりも無い様な高さ スリル感を味わいながら渡ってると、いきなり踏み板が外れ転落! 幸い転落防止用 …

喧嘩

その部屋で男と女がにらみ合っていた。 最初は男が「出て行け!」と怒鳴るが女は口汚くののしるので、 男も手に持っていた物を見せたり投げつけたりした。 そのたびに女は嫌な顔をするが負けては居らずタンスをぶ …

出張先のホテル

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。 ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。 案の定深夜にドアをノックする音がする。 ホテルの人かな? と思い声をかけたが返事がない。 …